思わず共感!元女性警察官がまとめた交番勤務員の「警察官あるある」

思わず共感!元女性警察官がまとめた交番勤務員の「警察官あるある」

こんにちは。元ミニスカポリスのnana(@nanapekota)です。

根が超ドマジメなわたしにピッタリだったこのお仕事。

今の雰囲気と違うのか必ずと言っていいほど聞き返されますが嘘はつきません、本当に元警察官です(笑)。

 

この記事を書こうと思ったキッカケは、大好きな美人ブロガーりえさん(@pilattu)のこちらの記事。

ある意味職業病?共感必須の‘看護師あるある‘まとめ?icon-external-link?

 

わたし自身は元警察官で同期ともよく話をしますが、友人にはなぜか看護師さんが多いです。

「意外と共通のことあるんだ!」ということからやっぱり同業の人でなければ理解しにくいことまで「警察官あるある」をまとめてみました。

警察官の本音がココに隠れているかも?


Sponsored Link


基礎をたたき込まれる!?警察学校

・すべての行動において連帯責任

ここで基礎が形成されます。

 

・全力で「はい!」と返事をしようとすると声が裏返る

そしてみんなが笑いを堪えるのに必死になる。

「声が小さい!大きい声を出せ!わかったか!」の問いに「ほわぁいっ!」(赤面)となります。

 

・警察学校に入校当初は、同期の男性がみんな同じに見える。

だってみんな丸刈り坊主なんだもん。女性の目線からでしょうか。

男性警察官のみなさんは、いかがでしたか?

わたしは必死になって勝手にあだ名を付けて覚えていました。(スキーが趣味→「スキー」、雪見だいふくのように白い肌→「ゆきちゃん」など)

 

・寮の食事がカレーだと嬉しい!

単にカレーが大好きなんです。

 

・お風呂と食事が猛スピードで完了できるようになる

時間が決められているのでサササッ!と出来るようになります。ホントはゆっくりお風呂に浸かりたい・・・

 

・「外禁(ガイキン)」にはウンザリ

朝から晩まで寝ても覚めても寮内にいるものですから、外出がとても楽しみになります。

しかし何らかのことをしてしまった暁には、「外禁(ガイキン)」となります。読んで字のごとく、「外出禁止」。

もちろん、連帯責任です。誰かの故意による事件だったりするとかなり恨まれます。

 

・出かける度に「外出・外泊簿」を書くのにも慣れてくる

最初は「めんどくさいなー」と思っていたのに慣れてくると玄関の近くまで行くとペンを取り出すようになります。

同じ場所へ行くクラスメイトがいたら「”同上”でよろしく!」と。

 

・術科の先生が制服を着ていると違和感

術科の先生も警察官だから制服を着るのですが、いつも道着なのにたまに制服を着ていると一瞬誰だかわからなくなります。

 

・17時27分頃、どこにいても何をしていても国旗の方を向き国歌斉唱

食事の準備中でも、廊下を歩いていても、すこし授業が長引いて教室にいてもこの時間は起立・国歌斉唱です。

国家が流れ終わると敬礼して何事もなかったかのように作業を続けます。

 

・トレーニングのときに身につけるベルタスは臭くないものを選ぶ

警察学校の外周やランニングコースを走るときに身につけるという蛍光色のタスキのことをベルタスと呼びます。

これが共有のものでみんなの汗が滲んでいるので、なるべくニオイのしないものを選ぶんですよね。

 

・「初任科第123期第4班、姿勢を正して・・・」

いただきます!

 

これが食事前のお決まりのご挨拶。

 

町を守ります。交番 当直勤務

・腰につける帯革が重い

いろいろと身についています。

警棒、手錠、けん銃、そのほかメジャーやライトも。

 

・耐刃防護衣も重い、そして暑い

とくに胸やおなかが大きい方は大変そう。板をピッタリ貼り付けているので夏はかなり暑いです。

 

・けん銃を身に着けているのが怖い

後ろから誰かに奪われたらどうしよう、と最初の頃はビクビクしていました。

 

・パトカーに初めて乗ったときは感動

小さい頃よく見ていた「はたらくくるま」に「はたらくひと」として乗っている感動。

 

・パトカーを初めて運転したときはもっと感動

だが、わたしは緊張のほうが勝っていました・・・。

 

・110番通報の多さに驚く

そのうち緊急性のないものやイタズラの件数が多くてもっと驚きます。

 

・ごはんは意外とちゃんと食べられる

食事は全てかきこむように食べなきゃならないのかなぁと思っていたのですが、案外合間に時間を作ってしっかり食べられるものです。

 

・麺類をオーダーすると必ず事件か事故の通報がある

さむ〜い冬に体をあたためたくて鍋焼きうどんをオーダーすると必ず交通事故の通報が入り、事故処理をして戻ると・・・

そこには汁を吸いきった超極太の冷え切ったうどんが出来上がっていました。

 

・救急隊員のマスクがかっこよく見える

救急隊員の方々と事故現場等で一緒になることが多いのですが、目だけを出して顔の半分を隠しているのでみんなとてもかっこよく見えます。

男性警察官も「あれはずるい」と言っていました。

 

・早寝は天国と地獄の差が激しい

交番勤務は基本的に24時間の勤務ですが仮眠時間が設けられています。早寝は23:00〜3:00、遅寝は3:00〜7:00というように。

早寝の場合は起きてから活動するのが夜明け3:00以降ですので、遅寝よりも人数が少なく割り当てられます。

平和な日は何もなく夜明けの街をパトロールして朝を迎えられるのですが、事件が発生すると少ない人数で処理をしなければならず大忙しとなるのです。

 

・子どもが「カッコイイ!」と言って話しかけてくれるととても嬉しい

制服のおかげで「カッコイイ」と言ってもらえるのですが、それでも「カッコイイ」は最高の褒め言葉です。

 

・真夜中や明け方の勤務日誌は意識不明の状態で書いている

以下わたしの失敗談です。

翌日チーズ鍋を食べる予定があった日、午前2時ころに勤務日誌に「チーズ ゆず・・・」と書いてしまいました。・・・無意識のうちに。最初からすべて書き直し。

 

・酔っぱらいはタクシーに乗ったら寝る前に住所を運転手さんに伝えてください。

もういい大人なんだし、お願いします。そして自宅に着いたら 起 き て !

 

・「ちょっとパトロール行ってくるから交番待機していてね」と言われて指示通りにしていると、「お誕生日おめでとう!」とケーキを抱えて帰ってくる上司が大好きだ

交番でプチバースデーパーティーをしてくれました。大好きなチーズケーキをチョイスしてくれるところも最高。

 

・天気が良すぎる日の通常点検は正直とってもきつい

通常点検は外で綺麗に整列をして「司令官が「警棒!」と言うとみんな一斉に同じテンポで警棒を取り出す」といったことを、身についているすべての装備品にかんして行います。

これがけっこう長いので、炎天下の通常点検はかなりきつい。

フラフラっと倒れてしまう場合も。体調管理しっかりしておきましょう。

 

・雨の現場でメモを取るのは至難の業

紙が濡れるからうまく書けない!

 

・トイレが大変(男性の小便を除く)

お手洗いのたびに腰に巻いている重〜〜い装備品の着いた帯革(たいかく)と呼ぶベルトを外します。用を足してからまたつけるときには「よいしょ!」と気合いがいります。

 

・事件・事故処理後、無線で司令官に「お疲れ様でした」と言われると達成感

事件や事故の現場が終了して引き上げる時に終了した旨を無線で告げた時に「お疲れ様でした」とか「長時間ご苦労様でした」と言われるとなんだか達成感。

交番や警察署に戻ってたくさんの処理はあるけれども、一旦現場が終了したんだなとホッとする瞬間です。

 

・Aは「アルファ」よりも「アメリカの【A】」のほうがわかりやすい

聞いたところによると、この無線呼称は北海道警察限定?だそうです。

上司は「G」が出てこなくて「・・・ジャイアンツの【G】」と言っていて、「じゃあ【F】はファイターズだね」と話したことも(笑)。

ひらがなだと「明治の【め】」を「めだかの【め】」「メロンの【め】」という無線もたまに聞きました。けっきょくわかれば良いのかな?

 

・どんな些細なことでも「ありがとう」と言われるのが一番嬉しい

落とし物をした方が落としたものを受け取った時、盗まれた自転車が帰ってきた時、交通事故現場で事故の手続きを終えた時・・・

警察官として当然の業務をしたにもかかわらず「ありがとう」が聞けたときはやっぱりうれしいですね。

 

やっと帰れる?まだ帰れない?非番

・非番の朝は無線機を引き渡すまで油断できない

どんなに交代時間が近くても、当直員の朝礼が長引いたりすることもあってソワソワ・・・

 

・ヤクルトのおばちゃんが署にいる時間にはあがりたい

だいたい10:00から10:30くらいにヤクルトのおばちゃんが来ていたので、非番にはいつもヤクルト買えたら良いなと思っていました。

 

・非番の日の化粧ノリの悪さはどうにもならない

仮眠が出来てもファンデーションが全く乗りません。全部浮きます。

 

・徹しはキツイけど、一定の眠さを超えるとハイになる

受験勉強などで経験のある方もいるのでは!?

 

・明け方に作る書類はひどい

頭がしっかり動いていないので、文を書いても文字を書いても図を描いても、後日みると間違いだらけ。

その時は真剣に書いているつもりなのですが。

 

・誰よりも早く帰れるときは「お疲れ様です、お先に失礼します」と小声でささやきその場をを去る

書類の訂正とかで呼び出しされる前に、スーッと身を引きます。ときには忍者のようにササッと帰ることも大事。

 

・各課に知り合いがいないうちは部屋に入るのにビクビクする

「◯◯さんいますか?」というと目の前の方だったり。

 

・当直の朝に履いてきたブーツがきつい

脚もパンパンにむくみます。

 

・当非当のあとに労労があるほうがいい

キツイシフトをこなした後に連休があるほうがいいな〜。

 

まだまだ元気!?非番の帰宅後

・地下鉄で終着駅まで辿り着いてそのまま折り返す

座ったら寝ちゃうんです。

 

・まず着ていたものを全て洗濯したい

24時間以上、同じ服を着ているものですから。夏は着替えを持っていきますが、着替えたあとも汗をかきます。

 

・ひと息つこうと座ったら・・・数時間経過

いつもはすぐにお風呂へ直行するのですが・・・

すっごく疲れていてちょっとお水でも飲もうかなとリビングに腰をおろしたら、座ったままコツーン!と眠りに落ちることがありました。

 

・同期や仲間内の飲み会。スタート6時なら、全員揃うのは7時過ぎ

仮眠してから行こうかな…と寝たら最後、完全に遅刻。

 

・当直が徹しで、非番でもオール

事件事故に追われた仮眠できなかった当直勤務、その後の飲み会でもみんなグイグイ飲みます!わたしはグレープフルーツジュース専門。

 

・非番のお昼に食べるごはんは一段とおいしい

時間をかけてゆっくりと味わって食べる幸せを感じます。

 

充電の日も、アクティブな日も。お休みの過ごし方

・非番で帰ってきてから寝始めて、起きたら時計は7時。

まだ7時か・・・え?明るい?・・・(テレビをつける)・・・ズームイン・・・?

え、朝!?・・・15時間寝てた・・・。

 

・近所の交番を通りかかると、「何してるのかな〜」とガン見

同期がいないかな〜と覗いてみちゃう。

 

・パトカーを見ると「知ってる人だったりして〜」とガン見

同上。

 

・割りと合コン行ってます

男性陣はいろんなところからネットワークを広げてよく合コンしていたようです。女性陣は・・・どうかな。わたしは興味がなかったからよく知らないですが、同期の男性警察官の紹介とかでしていたのかも。

 

・初対面で「公務員」というと、だいたい「市役所とか先生?」って聞かれる

けど・・・警察官と一発では当てられない。

 

・平日の昼間からお酒を飲める幸せを噛みしめる

みんな働いてるな〜と頑張ってるな〜と思いながらちょっと優越感に浸ります。そんな自分たちはみんなが連休の時働いているのですが。

 

・なにかと時刻を確認してしまう

到着した時間・・・、あ、メモしなくていいんだった。

 

・あゆちゃんのライブのために有給を取る

これはわたしだけかな?北海道から東京へ行くのにお休みをいただきます。

 

出会いはあるの?恋愛事情

・看護師さんと警察官の組み合わせはけっこう多い

周りに結構います。女性が多い職場と男性が多い職場なので、出会いは合コンということも多いです。

 

・女性警察官は警察官との恋愛が多い

女性がこの職業をいうと強そうに見られたり、一人で生きていけそうだと思われたりするのかな?同期女子も、わたし以外みーんなお相手は警察官。

 

・来訪者に恋をされることがある

お手紙(ファンレター)をお守り付きでもらっていた女性警察官がいました。彼女に会うために交番に来ていたそう。モテる女性は大変。

 

・警察官どうしの結婚式、礼服(制服の儀式用のもの)を着るのは新郎のみ。

新婦は華やかなカラードレスですね。新婦が制服着ているところは見たことがありません。

 

・交際していることを報告するタイミングに悩む

上司へ報告するタイミングが難しいようです。(わたしは未経験・・・)

 

・ナンパもする

警察官と言えども一人間です。キレイな人を見たら声をかけたくなるのですね。

 

白ねこポリスのラインスタンプをつくりました

警察官の時に使いたかった!と思うフレーズを集めてラインスタンプを作ってみました。

現役の方、退職された方、警察ファンの方、白ねこ好きな方も、良かったらどうぞ。

 

 

まとめ

警察官の気持ち、あなたはいくつ共感できたでしょうか?

 

罵声を浴びせられたり不当な文句を言われることも多く、体にも負担がかかって健康管理も大変なこのお仕事。

なかなか言われることは多くないけれど「ありがとう」という言葉を聞いて嬉しさがこみ上げてきた感覚は今でもハッキリと思い出せます。

わたしは警察官として働けてよかったと心から思っていますし、誇りに思っています。

 

誇りと使命感をもって、国家と国民に奉仕している全国の警察官のみなさん。

みなさんのこと、尊敬しています。身体にじゅうぶん気をつけて、これからも国民の安全と安心を守っていってくださいね。

ご家族、ご自身を大切にすることも、どうかどうか忘れないでほしいと願います。

 

 

with LOVE, nana

 

 

 

あわせて読みたい

 


Sponsored Link