ワーホリを理由に公務員を辞めるのはもったいない?決断できないあなたへ

ワーホリを理由に公務員を辞めるのはもったいない?決断できないあなたへ

こんにちは。nana(@nanapekota)です。

わたしは、公務員として5年間務めていましたが退職してワーキングホリデーでオーストラリアへ飛びました。

 

公務員を辞めてワーホリなんて「もったいない」と考える方が多いのも事実。

公務員に限らず、ワーホリへ行きたい気持ちがあるなら絶対に行ったほうが良いです。

それでもなんとなく、不安や周囲の目が気になる…そんなあなたが、しっかりと自分の気持ちに従って決断できますようにと思いを込めてこの記事をお届けします。


Sponsored Link


公務員は安定しているっていうけれど、本当なのか?

そもそも公務員が「安定」しているというのはどういったところが「安定」なのでしょう。

「給料が高い。」「リストラがない。」ということが一般的な考えではないでしょうか。

 

では、ここで質問。

あなたが求めている「安定」とは決まったお給料で働き続けることですか?

たとえ好きなことをできなくても、働いたぶんのお金が十分に手に入ればそれは安定でしょうか?

公務員を辞めることが「もったいない」と言われる理由

「安定した職場を自ら離れるなんてもったいない」という考えが根付いているのでしょう。

公務員を辞めるのがもったいないという考えの方は

  • 国民・住民のために働けるやりがいのある仕事で待遇が良い
  • 誰もがなれるわけではない職業なのに自ら身を引くのが信じがたい
  • せっかく難関試験を合格したのに辞めるなんて馬鹿みたい
  • 公務員は、国からも守られているお仕事

という印象をお持ちなのかもしれません。

そういう考えの方自身が公務員として仕事をしていて、彼らの思う「安定」した生活をしているのであれば納得できます。

 

でも、それは他人の意見であってあなたの気持ちではありませんよね。

あなたが「安定」を求めるのは何に対してなのか、じっくり考えてみてください。

公務員を辞めるのに「正当な」理由は必要か

公務員を辞める理由は様々です。

辞める理由をどれだけ並べても、最終的に辞めるか辞めないかは自分が決めることです。

 

辞めるのに正当な理由なんて必要ありません。

わたしは「オーストラリアに行きたいから」辞めました。本当にそれ以上の理由なんてなかったのです。

 

この記事を読んでいる方はおそらく20代か30代、ワーホリに行こうかどうか迷っている方が多いと思います。

 

自分のやりたいこと、きちんと自分で把握できていますか?

もしYESと答えられないなら、下記の本を読んでみることをおすすめします。一度きりの、誰のものでもないあなただけの人生を後悔のないように。

 

 

じっくりと時間をかけて自分と向き合って、心がワクワクすることをしていきましょう!

ワーホリは帰国後の就職に不利なのか?

ワーキングホリデーの経験を活かせるかどうかは自分次第

ワーホリは、自分自身で創り上げていく海外生活です。どんな経験をするかは自分次第ということ。

例えば、ワーホリで得た「出会いと経験」を活かしてバックパッカーを経営したり、ワーホリを機に世界一周しながら旅を仕事にしている人もいます。

 

あわせて読みたい

 

ワーホリへ行って後悔するかも…と心配

ワーホリへ行って、日本へ帰ってきてから後悔するかもしれない・・・

そういう思いがある時、まだあなたは仕事を辞めることに不安があるのではありませんか。

自分で決めることを怖がっていませんか。

 

  • もし仕事をやめてワーキングホリデーへ行って帰ってきた時に就職できなかったら…
  • ワーホリへ行ったことで、再就職が不利になったら嫌だな…

そう考えて不安な気持ちが大きいのなら、ワーホリへは行かずに仕事を続けていれば良いと思います。

海外へ行くだけなら、旅行でも良いのですから。

不安よりもワーホリへ行くことへの期待・希望が大きくなれば、もうあなたの答えは決まっているはず。

 

あなたの決断です。行かなくて後悔するのも、行ってから後悔するのも自分自身

行った後悔、それは行動したからできること。

行かなかった後悔、それは行動をしなかったことを一生引きずるかもしれません。

公務員を辞めてワーホリへ行って思うこと。後悔していない?

わたしは、警察官を辞めて後悔したことは一度もありません。断言します。

だからといってわたしは公務員を続けている人たち全員に辞めろと言いたいわけではありません。

同期や先輩後輩、上司とは今も交流がありますし、国民のために汗水流して知恵を絞って平和を守る彼らを心から尊敬しています。

 

わたしが言いたいのは自分がやりたいことをするために辞めて良かったということです。

警察官を続けることとワーキングホリデーへ行くこと、どちらかしかできないから片方を選んだだけです。

 

ワーホリから帰国した後は次のワーホリへ向けてリゾートバイトをして、新しい出会いがたくさん待っていました。

 

あわせて読みたい

まとめ 「安定」が何なのか、決断するのは自分自身

周りがどれだけもったいないといっても、自分の心が辞めたいと叫んでいるであれば…

それは決してあなたにとっての「安定」ではありません。

あなたには今、「やりたい」「行きたい」という明確な理由があります。

 

あなただけの人生を「公務員を辞めるのはもったいない」という周りの意見に左右されるのか、「ワーホリに行きたい」という自身の心に従うのか。

きっと、本当は決まっているはず。大丈夫。何を選んだって、後悔するときはするもんなんだから。

 

あとはそう、あなたが決めて行動するだけです。

 

with LOVE, nana


Sponsored Link