海外生活

海外で外回り!ニュージランドで働く営業スタッフの一日

こんにちは、ニュージーランドのカーローン会社で営業をしているnana(@nanapekota)です。(当記事公開時2015年12月)

…こう聞くと英語が得意そうに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

持っている資格といえば中学生の時に取得した英検3級のみで、ふわっと海外に出てきてしまったわたしですがなんとか頑張っています。

 

  • ニュージーランドで営業のお仕事ってどんなことするの?
  • ほんとうに英語が得意じゃなくてもできるの?

 

海外でのお仕事ってなかなか想像つかないこともありますよね。

そんなあなたの「?」が少しでもクリアになるといいな〜と思い、ニュージーランドでわたしがしているお仕事についてお話します。

海外の営業、仕事内容は?英語ができなくても出来る?

オフィスで楽しく働く男性

最初に、わたしが勤めている会社がどんなことをしているのかザックリお話しますね。

わたしが勤めているのはローン会社です。

主に車を買うためのローンを組む個人や会社さんをターゲットとしています。

 

とはいえ、個人個人ではなく営業先はあくまでカーディーラー、つまり車屋さんです。

もちろんヤミ金などではありません。

 

営業というポジションではもちろん会社を知ってもらうための営業をかけるのですが、そのための行動と目的はカーディーラーを訪れて会社の知名度を上げて、利用してもらうことです。

 

営業としての主な仕事は以下のとおり。

  • オークランド市内のカーディーラーをリストアップ
  • 地域ごとに訪問予定を立てる
  • 資料を用意してプレゼンテーションの準備をする
  • カーディーラーを訪問しておしゃべりしてくる(笑)

営業のお仕事というと、ノルマがあって、契約をとって、社内のライバルと闘って…そんなイメージがあるかもしれません。

わたしが勤めている会社は少人数のため会社内にライバルはいませんし、ノルマも特にありません。

 

業界でも新しいことに取り組んでいて、とにかく会社を知ってもらうことで新規及びリピートの顧客を獲得できると信じているためです。

 

ノルマがないといっても、会社全体でこれだけの契約を取れるように頑張っていこうという目標はもちろん掲げています。

それぞれの仕事の内容についても、詳しく説明していきます。

対象顧客をリストアップする 海外営業の仕事内容①

オークランド市内のカーディーラーをリストアップします。

一番最初のスタート時は、オフィスで、インターネットでひたすら検索。

そのうち営業に出かけ始めると、道を通ったときに見つけた小さなディーラーなどもメモしておき、次回の訪問につなげます。

地域ごとに訪問予定を立てる 海外営業の仕事内容②

リストを整えるイメージ

ひととおりリストアップできたら、地域ごとに訪問予定を立てるためそのリストを整えます。

だいたいのエリアごとに分けておくと便利です。

  • オフィスからの所要時間
  • 駐車場を探して止める時間
  • 駐車場からディーラーさんまでの距離
  • ディーラーさんでの滞在時間

などを考慮して一日に何件訪問するかという計画を立てます。

 

また、住所だけでは道がわからないので、オークランドシティのマップを入手。

オークランドシティのマップ
nana
nana
実はバスルートが書いてあるマップなんだけど、とってもわかりやすい!!

このマップにだいたいの訪問先の場所や運転で注意することなどを書き込んでいきます。

一度訪れたら、車を停めやすい場所などもどんどん追加してオリジナルマップにしていきます。

資料を用意してプレゼンテーションの準備をする 海外営業の仕事内容③

営業というからには、プレゼンテーションとその準備は欠かせません。

といっても、まだ会社の知名度が高くないため「こんな会社があるよ」という紹介のために訪問していきます。

 

海外で営業はおろか、日本でも営業の経験は全くなかったので、どんなふうに訪問して会話するのかは未知の世界。

ボスがロールプレイ形式で特訓してくれました。

優しいディーラーと突っぱねるディーラー、どっちの役も華麗にこなすボス、ノリの良さが素晴らしい。

 

初めての営業から1,2ヶ月経った頃、きっと彼らが忘れた頃に、「わたしたちの会社を必要とするお客様はいませんでしたか?」とひょっこり顔を出すんですね。

そこで

カーディーラー
カーディーラー
ああ〜そういえば、キャッシュでは厳しいけどローンで買いたいっていうこういう人が来ていて…

なんて話になればラッキー。

 

そうじゃなくても、いずれそんな場面になったときに

カーディーラー
カーディーラー
うーん、困ったな、この人に車売りたいけどなかなかローンが通らない…。あれ、そういえば何回か来ていた日本人の女の子の会社なんだっけあの会社えーっと…そこの会社にダメ元で連絡してみようかな

となれば良いんだって。社長曰く。

顧客を訪問しておしゃべりしてくる 海外営業の仕事内容④

契約成立の握手を交わす

さて、いよいよ本番(?)。実際にカーディーラーを訪ねていくことです。

実際には人と人との対話なのでロールプレイどおりに行くことは殆どないのが現状です。

それでもオークランドのカーディーラーを一周りしたころには2回くらい、ロールプレイとほぼ同じ会話が繰り広げられたことがありました。

 

その時はもう、訪問したオフィスを出た瞬間笑いが堪えられなくなりました。

nana
nana
社長とのロールプレイとまったく同じで先読みできて笑いそうになっちゃったよ

 

カーディーラーさんとの会話の内容は、うちの会社の紹介はもちろんですが個人的な会話もします。

  • 日本の出身地
  • 日本に行ったことがあるお相手ならどこへ行ったか、何をしたか
  • ニュージーランドに来てどのくらいか
  • ニュージーランドは好きか

まるで学校で初めて知り合うクラスメイトとの会話のようですが、本当にこんな会話です。

 

カーディーラーも本当に様々で、「ザ・オフィス」な雰囲気のところもあれば、お掃除し忘れた一角のようなお部屋のところもありました。

 

そうそう、なかには最初ぶっきらぼうな態度だったのに、日本人とわかった途端に急に態度を変えてニコニコする人もいましたね。

 

カーディーラーさんは、日本が好きという人が多いんです。

それもそのはず、ニュージーランドには日本からの輸入車がたくさん走っっていますし、そんな環境で働いているからか日本人や日本の文化などが好きということみたい。

海外で働く営業スタッフの一日 ニュージーランドで外回り

それでは、そんなカーローン会社の営業として働くわたしのとある一日をご紹介しましょう。

遅刻しても平気!? 海外の出勤時間

出社は9:15ころ。

わたしはバス通勤なのですが、9時から9時30分の間に出社するという感じです。

時にはいつものバスに乗っても道が混雑していることがありますが、それで遅刻したとしても事情はみんなわかってくれます。

 

朝、着いたらまずはコーヒーを淹れて前日行ったカーディーラーさんへ御礼のメールを送ります。

いただいた名刺や情報の整理をしながら、今日行く地域の地図の確認をします。

準備が整ったら、外回りへ出発

10:00ころ、外回りへ出発。

朝の通勤ラッシュが終わったころを見計らって出かけます。

 

今日も事故なしで帰ってこれますようにと、心の中でささやきながらオフィスのみんなに向かって元気ご挨拶。

移動の車の中ではもっぱらあゆちゃんの曲をかけて歌いながら気分を上げていきます。

nana
nana
あゆちゃんの歌は、今日の笑顔のために必要!!

 

大きめの駐車場に車を停めて、訪問開始

10:30ころ、訪問するエリアに到着。訪問するエリアによってはオフィスから1時間近くかかるところもあります。

 

カーディーラーが何軒もかたまっている地域だと、ショッピングモールの駐車場や駐車できる路上に車を停めて、カーディーラーを訪問。

点々と所在しているようなエリアや車を停めるのが難しいところだと、そのまま車でディーラーさんの駐車場に停めます。

好きなときに好きなようにランチタイム

13:00。ランチタイム。

ランチの時間は、区切りが良くてちょうどいい場所がある好きな時間帯にとっています。

ランチボックスを持っていくこともあるし、ショッピングモールなどで買って食べることも。

 

晴れた日には公園のベンチでゆっくりランチをすることもあります。

お天気のいい日にランチを食べたビーチ
nana
nana
きれいな景色の見えるところでランチできたら、いつものランチが数倍美味しく感じるなぁ。

 

逆に雨だったり、なかなか場所がないときは車の中で食べることもあるんですが。

午後からも営業、帰宅ラッシュ前にはオフィスへ戻る

ランチタイムの後はまたカーディーラーを訪問。

オークランドの帰宅ラッシュは、驚くことに午後3時を回ると徐々に始まるんです。

 

オフィスはノースショアという地域にあり、訪問先から帰るにはハーバー・ブリッジを越えるため早めに引き揚げます。

午後3時を目安にオフィスへ戻るように心がけ、遅くても3時半には必ず戻るようにしました。

オフィスに戻って反省会

午後4時、オフィスへ帰社。反省会を行います。

  • 今日どこをまわってどんな反応が得られたか
  • カーディーラーさんにどんな質問をされたか
  • どんなお客さんがローンが通らなくて困っているか
  • 新しいカーディーラーの発見

などを報告し、次回どんな訪問にするか、今後どう改善するかなど話し合います。

17:30、定時で退社

nana
nana
お疲れさまでした!

これにて営業スタッフの一日は終了です。

番外編 ニュージーランドで働く営業スタッフの出社前と退社後

ここではわたしの出社前と退社後の様子をお届けいたします。

興味のない方はどうぞスルーしてください。

朝は苦手なので、アラームを何度も…

6:30。1度目のアラーム。

ぽわ〜んと目が覚めてからベッドの中でゴロゴロしたい派なので、起きたい時間の30分以上前にアラームを設定します。

大抵はパートナーのほうが出勤時間が早いので、この1回目のアラームで二人とも目を覚まし、わたしはまだゴロゴロ。

 

6:40。2回目のアラーム。

あぁ〜時間だ…って悲しくなるけど、アラーム止めてゴロゴロ。

彼は調子がいいとこの時に起床して支度を始める。

 

6:50。3回目のアラームは、大好きなあゆちゃんのReplace。

このアラームでようやく起きようかな〜という意思が働き始める。

彼は、ほんとうにやばい時はここでようやくベッドから出ることも…。

 

7:05。一番うるさいアラーム。

これは7時ピッタリじゃなく、すこしだけ過ぎてしまっているというところが焦りポイントに繋がる。

わたしは最終的にこのアラームで起きる。…ようにしています。

 

7:10。「おはよう」のボイスアラーム。

実はこれは彼の声のボイスメモ。

遠距離の時に毎朝聞いて起きていたんだけど、アラームそのまま残っているから今一緒にいるけど使っています。

 

このアラームが鳴ったら、彼は出勤する時間です。

「行ってらっしゃーーーい。」

朝ごはんは必須

彼は朝ごはん食べなくていいタイプです。信じられない。

出勤したらコーヒー飲むから良いんだというけど、それってエネルギーになるのかな?って思っています。

わたしは朝ごはんは絶対に必要!!!

今は、Weet-Bixというシリアルにナッツとチアシード、フルーツを入れて食べています。

Weet-Bixとフルーツなど

オーストラリアで初めてホームステイしたときに食べたのですが、意外と腹持ちが良いのでニュージーランドでも食べています。

 

コーヒーを淹れながら、ランチのサンドイッチ作り。

そうすると、ちょうどよくふやけたシリアルが出来ているのです。

 

高い確率でランチがサンドイッチなのは、パンを消費しきれないから。(笑)

 

スーパーでは1斤$2〜という価格でパンを売っていて、日本の食パンと比べるとかなり薄い。

ニュージーランドでは、トースト用として売られているパンもありますが厚みはサンドイッチ用の1.5倍くらいで、日本の6枚切りの食パンよりはるかに薄いトーストなんです。

そんな薄切りのパンが1斤分なので、毎日お昼にサンドイッチを2つ(4枚のパン)を持って行っても消費期限内に終わるか終わらないか、という感じです。

 

お昼にサンドイッチを持っていかない日には、朝トーストを食べることも…

1日1食はパン。別にそんなに食べたいわけではないのですが。

バス通勤ですが、2kmくらい歩きます

通勤は徒歩とバスで、家を出てから会社までだいたい40〜50分。

バスターミナルから会社まで2km弱ありますが、歩くのが嫌いじゃないから健康のためにも歩いています。

通勤に乗るバスはこんな大きな二階建てバス。

通勤のときに乗る二階建てバス

街を走る公共のバスが二階建てバスってなんだか不思議。

 

そしてこのバス、すごくありがたい機能付き。

バス内でUSB充電ができる

USBケーブルの差込口。LCCの航空機の一種よりも設備の整ったバスで通勤できた時はなんだかラッキーって思いました。

 

nana
nana
通勤時はもちろんあゆちゃん聴いて、毎朝エネルギーチャージしています。

 

退社後はよさこいソーランチームの集まりへ行くことも

帰るのはふだんはいつもわたしが先です。

彼は夜遅い日はごはんを食べないので、わたしはテキトーにあるもの作って食べちゃいます。

 

木曜日は、よさこいメンバーとともに近くの公園でランニング。

わたしは走らずに小学生の女の子と公園で遊びながらそのママさんとお話ししてます。

 

そして、ランニングの後の「ザ丼」

「ザ丼」のチキンサラダ

ザ丼というのは日本食食レストラン(通称ジャパレス)。

わたしが頼んだのは丼ではなくチキンサラダですが…これ、おいしいんですよ〜。

 

日本の味を食べられるのが幸せ。グレープフルーツジュースもある!!!

こんな日々を過ごしています。

海外での営業は、思ったよりも怖くないよ

ワーキングホリデーで海外でお仕事を探すと、どれもこれも難しくて自分には無理そうと思うお仕事も多いですよね。

でも実は、イメージが先行してしまっているだけで意外とハードルが低いお仕事もきっとあります。

 

わたしが言えるのは、海外での営業という仕事は、思ったよりも難しくなくて様々なひとと話をできるのがとても楽しいということ。

もちろん会社や状況によってはもっと英語力が必要な営業があるのも事実ですが、この会社に所属することで「海外で営業=英語力ないと難しい」というイメージを覆すことができました

 

海外でのお仕事も、日本のお仕事と同じでやったことないことはわからないし、経験を積めば少しずつ自信になっていくのでどんどん挑戦しましょう!!

 

 

今回の記事が、海外でのお仕事について考えているあなたにとって少しでもお役に立てたならば嬉しいです。

 

 

with LOVE, nana

ABOUT ME
nana
nana
北海道出身、ニュージーランド在住。 浜崎あゆみさんをこよなく愛しています。 ライブに行くために一時帰国します。 だいすきを追いかけて、どこまでも。