格安SIMのLINEモバイルは年に数回の一時帰国にもおすすめ!初期費用半額以下で試してみた。

格安SIMのLINEモバイルは年に数回の一時帰国にもおすすめ!初期費用半額以下で試してみた。

こんにちは。nana(@nanapekota)です。

 

海外に住んでいたり、ワーキングホリデーで海外に長期滞在しているとき、日本への一時帰国で困ることのひとつがインターネットではありませんか?

短期間を日本で過ごすとき、どのようにしてインターネット回線を契約していますか?

 

ここ最近、格安SIMカードが何種類も出てきていますよね。

毎月の通信料を抑えられるとして、ドコモ・au・ソフトバンクといった携帯電話のキャリアから格安SIMへと切り替える人が多くなっています。

 

日本で生活しているなら切り替えるメリットはたくさんあると思うのですが、日本での一時帰国にはメリットがあるのでしょうか?

 

わたしは年に1〜2回は帰国するのですが、そのたびにレンタルWi-Fiを契約するのはちょっと手間なんですよね。

受取り場所の手配、返却の方法(日本を発つギリギリまでインターネット使いたいですし!)など、もっと手軽に出来ないかなあと思うんです。

 

それじゃあ格安SIMはどうなのか?

これまでの経験をもとに、検証してみようと思います。

LINEモバイル


Sponsored Link


一時帰国のインターネット事情

海外に長期滞在するときに日本の携帯電話を解約すると、日本では当然インターネット回線がありません。

 

そうすると、考えられる手段はふたつ。

  • インターネット回線を契約しない
  • ポケットWi-Fiを借りる

 

実家に帰省するだけなら構わないのですが、久しぶりに帰国すると友人と会うこともするしお出かけもしますよね。

 

待ち合わせにメールやLINEを使ったり、地図を見たり、電車の時刻を調べたり、インターネットがないと不便と感じてしまうことが多くありませんか?

 

少なくともわたしは、東京などで初めての場所へ行くときには

nana

Google Mapがないと全然たどり着けない・・・

ということがよくあります。

 

そこで以前、一時帰国のときにポケットWi-Fiをレンタルしました。

Y!モバイルのポケットWi-Fiを契約して、一時帰国で最初に泊まる宿へ指定日配達。

成田空港から最初に泊まる宿へは自力でインターネットなしで到着しなければならないので、縮尺を変えた数枚の地図と数パターンの時刻表を印刷しておいたりしたものです。

でも、LINEモバイルなら日本につくまでの機内や着いてからいつも使っている電話(SIMフリーの機種)のSIMカードを入れ替えるだけですぐにインターネットが使えるからとっても便利です。

 

nana

今成田空港についたよ!これから札幌に向かうね。

といった連絡もすぐに出来るので、家族や友人も安心です。

LINEモバイルの料金

初期費用

LINEモバイルで通常どおり申し込むと、下記の初期費用がかかります。(2018年7月現在)

  • SIMカード発行手数料…400円
  • 登録事務手数料…3,000円

 

初期費用は合計3,400円ですが、下記に紹介する方法だと初期費用を半額以下に抑えられます。

LINEモバイル お申込み手順

 

月額料金

様々が料金プランがありますが、年に多くて数回の一時帰国に使うくらいだと一番料金の安いLINEフリープランで問題ないでしょう。

LINEアプリの通話やトークのやり取りにかんしてはデータを消費しないので、LINEアプリが使い放題となるプランです。

プラン 月額(税抜き)
データSIM 500円
データSIM(SMS付き) 620円
音声通話SIM 1,200円

わたしはポイントサイトの登録などにSMSでコードを受信したかったので真ん中のプランにしました。

 

ユニバーサルサービス料と消費税込みで毎月672円です。

これは、日本にいない期間も毎月払い続ける必要があります。

年間にすると、672円×12ヶ月=?8,064円/年

 

これを高いと感じるか安いと感じるかは、帰国する回数や帰国時にSIMカードで消費するデータの量によるのかなと思います。

一時帰国だけで使いたいからこそ、気になる最低利用期間

nana

ずっと日本にいるわけじゃないから、もし合わなかったら解約料金は高いんじゃないの・・・?

いくら月額料金が安いとはいえ、プランが合わないなどの理由で解約するときに莫大なお金がかかってしまったら元も子もありません。

 

LINEモバイルのヘルプページによると…

音声通話SIMプランをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含みます)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円(税抜き)の解約手数料が発生します。

例えば2017/1/1が利用開始日だった場合、2018/1/31までに解約?MNP転出をすると解約手数料がかかります。2018/2/1以降ですと解約手数料はかかりません。

データSIMとデータSIM(SMS付き)をご利用の場合、解約手数料は発生しません。

(出典:LINEモバイル公式サイト?icon-external-link?)

つまり!

先ほどの月額500円のプランと620円のプランにあっては、解約時の違約金がかからないということになります。

なので一時帰国で何度か使ってみて合わないなと感じた場合はすぐに解約してもそのぶんのお金はかからないのです。

LINEモバイル申し込み手順

LINEモバイルの詳しいお申込み手順は、下記の記事を御覧ください。

 

LINEモバイル お申込み手順

 

最初の設定はちょっと面倒かもしれませんが、使い慣れた電話で日本についてすぐにインターネットが使えるのは快適ですよ!

まとめ LINEモバイルで一時帰国のインターネット、問題なく快適に使えます!

nana

一時帰国でもスマートフォンでのインターネットなら快適に使える!

昨年10月、今年6月と二度の一時帰国でLINEモバイルを使ってみましたが、問題なくサクサクと使えると感じました。

何よりも、日本に着いてすぐに連絡を取る手段があるというのはとっても良いですね。

 

海外に住んでいて一年に数回一時帰国する場合、LINEモバイルはとってもおすすめです!

あなたにピッタリのプランで一時帰国中も快適にインターネットが使えますように。

 

 

with LOVE, nana

 

 


Sponsored Link