LIFE|人生観

普通の女の子だった二人が社長になった!#あんちゃあやか札幌 イベントレポ

こんにちは、nana(@nanapekota)です。

 

2019年6月1日、北海道札幌市にて行われた女の子大好きブロガーのりょうちゃん(@ryo1itoh)が主催のあんちゃさんとあやかちゃんのトークイベント「普通の女の子だった二人が社長になった!」に参加してきました。

いつも日本で行われているイベントになかなか参加できないのですが、一時帰国中に北海道で開催されるということでとってもラッキー!と思い、札幌まで足を運んでみることに。

 

nana
nana
内容がてんこ盛りすぎて、まとめるのに時間がかかってしまったよ〜

そんな盛りだくさんのイベントレポをお届けいたします。

サクッと読むためのもくじ

登壇者のあんちゃ・あやかってどんな人?

そもそもこのイベントの登壇者のあんちゃ・あやかって何者?という方へ、nana目線でざっくり彼女たちの紹介を書いておきますね。

執筆屋 あんちゃ

あんちゃさんの本を持って。購入時にもサインを書いていただき、今回のイベントでもまたサインをいただきました。

あんちゃさん(@annin_book)は北海道出身のフリーランス。

あんちゃさんの詳しいプロフィール

 

「クソマジメゲスブロガー」っていう超インパクトのキャッチフレーズで活動していたこともあります。

一見ふざけているように見える記事もしっかり考えて丁寧に書かれていて、すべての記事に愛がこもっている印象を受けます。

あんちゃさんが出版した本「アソビくるう人生をきみに。」も、読者への愛がたっぷりです。

 

とっても温かい人柄で、人の話にしっかりと耳を傾ける思慮深いあんちゃさん。

nana
nana
実際にお会いしたらより好きになりました♡

 

あんちゃさんの本、とくに悩める20代におすすめ!

 

ゆる活ナース ayaka

オリジナルTシャツを着ているayakaちゃん、ハッピーオーラいっぱい。

ayakaちゃん(@yurukatsunurse)は青森県出身のフリーランス。

ayakaちゃんの詳しいプロフィール

 

もともとナースをしていて、好きな仕事なのに働く環境がキツくてブログを始めたのが発信のきっかけだそうです。

 

nana
nana
ナースの働く環境を良くしたいと活動する、行動力のある明るくて人懐っこいayakaちゃんは、老若男女問わず誰からもすごく好かれそう!!

普通の女の子からフリーランス、そして社長へ

あんちゃさんもayakaちゃんも、もともとは会社・病院に所属して働いていました。

そんななか、働き方に疑問や違和感を感じてブログから発信活動を始めていきます。

そしてそれぞれフリーランスとして独立し、会社を起ち上げて社長になったという経緯を持っています。

フリーランスになってからの仕事を取るための3つのポイント

とっても楽しそうにお話するあんちゃさんとayakaちゃん。

「○○をやっています!」という実績をつくる

何かを「やってみたい」という人は多いけど「やってます」という人は、あんまりいないそうです。

小さなことでもいいから自分で実績をつくって、「わたしはこんなことをしています!」とアピールできるようにしましょう、とお話してくれました。

例えばイベントを企画してスタッフとしての経験をするなど。

このとき必ず写真を撮ったりブログ記事などにして、活動の記録を残しておくことも忘れずに!

 

あんちゃさんは、興味のあるセミナーやイベントにどんどん参加し、とくに気になったイベントでは主催者と繋がって「スタッフとしてかかわらせてください」と交渉して経験を積んでいったとか。

発信を継続する

「ブログをやっています」と言ったことがきっかけで、イベントの実行委員やスタッフとして「やってみない?」と企業から声をかけてもらったというayakaちゃん。

これはまさに「ブログをやっています!」という実績があるからこそ。

ひとつのご縁から繋がりを広げていく

ayakaちゃんは、イベントで声をかけてもらったことでさらに活動の場が増えました。

ひとつのご縁が繋がると次々と繋がっていくということを体感したとのことです。

 

あんちゃさんは、初めはブログ相談などで1時間500円からスタートしました。

時給500円の仕事と思うと「安っ!」と思うかもしれませんが、1対1で繋がりををつくったことによって信頼関係も築け、将来にも繋がるご縁になったそうです。

好きなことをして生きるために必要なことやスキルとは?

大切にしたいこと・本当に好きなことを掘り下げる自分への理解

二人に共通したことは、会社員の頃に感じた小さな疑問や違和感をそのままにしなかったことです。

「このままでいいのかな?」という気持ちを放ったらかしにせず、「なぜわたしは違和感を覚えているのか?」「どうしたらもっと満足できるのか?」としっかりと掘り下げて自分自身の深い部分から生まれる気持ち・感情を理解する努力をしました。

 

こうすることで、自分がほんとうに大切にしたいこと・好きなことに気がつけます。

原点回帰と目的地の設定=自分の理念を自分で決める

あんちゃさんが何度も口にしたのが原点回帰という言葉。

何を大切にしたいのか?と何度も何度も自分に問いかけ、どんなふうになりたいのかをクリアに描きました。

どうありたいか?というイメージがないのは、ゴールがないのと同じ状態。

 

ayakaちゃんの言う自分の理念を自分で決めるということは、自分の軸をしっかりと頑丈にしていくことです。

幸せの基準はいつも

自分のものさしで 決めてきたから

Trauma  浜崎あゆみ

 

nana
nana
あゆちゃんのTraumaの歌詞が思い浮かんだよ。

人との関わりを築くコミュニケーション能力

発信活動というとオンラインがメインに見えるかもしれませんが、結局は人と人との関わりです。

個人プレーで完結するわけではなく、信頼関係を築いていくのにコミュニケーションは必須。

 

個も強いけど、チームになるとより強い敵に勝てることがよく分かる「NARUTO」が絶対オススメ!読んでください!とあんちゃさんが力強く言っていました。

 

 

キングダムはコミュニティの教科書だそうです!!

 

 

ブログの執筆など一人で完結する作業をしていると、なんだか社会から隔絶されているような気分になってしまったこともあるようです。

そんなときコミュニティがあって仲間がいると思えると頑張れることがあります。

 

そして、会社員でもフリーランスでも、労働形態は関係なく「誰と」仕事をするかということは幸福度を決める大切な要素だと言うあんちゃさん。

コミュニティ・仲間を自分でつくって居場所を確保したり、仕事をしやすい人との関係を築いたりするコミュニケーションが大切です。

不安や悩みと戦いながらも挑戦し続ける勇気

新しいことを始めるのって、不安もきっと生まれてきます。

とくに周りの人から反対されたときなんてより不安が掻き立てられてしまいます。

 

それでもやっぱり、自分が信じて選んだ道を歩む。

ayakaちゃんのポジティブなところ、とっても素敵だなと思います。

参加者からの質疑応答

イベント参加者からあんちゃさん・ayakaちゃんへの質疑応答の時間もありました。

一問一答形式でいくつかご紹介します。

「好きなことをして生きる」ためにやったほうが良いことは?

ayaka:ブログやその他の発信活動。共感してくれる人を集める。

 

あんちゃ:コミュニティを作る。人を率いていくということをして、多くの学びがあった。

 

反対に、やめたほうが良かったなと思うことは?

あんちゃ: 失敗したことはあるけど、やめたほうがよかったなと思うことはない

強いて言うなら、「お金で仕事を選んだ」ことかな。報酬金額が魅力的だったけど、内容は全然面白くない仕事だった。もうしない。

これも、経験して学んだこと。

 

ayaka: 仕事を、違和感を持ったまま続けていたこと

「あれ、このままでいいのかな?」「なんか思っていたのと違うかも?」という疑問を自分の中で消化せず、なぜそう思うのかちゃんと向き合っていったほうが良い。

 

お互いからみた強みって何?

ayaka: あんちゃは繊細で凡人味があるのに、成果を出しているところが魅力。自分で工夫している。文章から繊細な人というのがわかる。向上心があり、苦手なことにも取り組む。

 

あんちゃ: ayakaの強みは自分の弱みをさらけ出しているところ。それを意図せずやっている。お金だけが目的じゃなく、自分のストーリーに基づいているから人が集まる。

 

nana
nana
お互いに褒めあっているとき、褒められている側が照れくさそうにしている姿が可愛かった♡

それぞれ運営しているコミュニティがあるが、そのコミュニティ内で話題になることは?

特別な話をしているわけではなく、悩みごとをシェアしたり、雑談したりしている。

悩み方もそれぞれで、これについて悩んでいると明確な人もいれば、なんとなくぼんやり悩んでいる人も。

そして悩んでいる根本的な部分は結局みんな同じようなことだったりする。

自分の軸を見つけるに至った道のりとは?

ayaka: とにかくまず行動。選択肢を広げ、自分の強みを探してマッチングさせてみる。

 

あんちゃ: 自分の何が評価されるのか見つけていく。やってよかったなと思う瞬間を探したり、過去にどんな瞬間そう思ったのかとことん掘り下げる。

 

落ち込んだときの回復方法は?

あんちゃ: 原点回帰。自分はどうしたいのか?どうありたいのか?をとことん掘り下げる。

 

ayaka: 戻ってくるまで待つ。平常心に戻るまで、全てシャットアウト。落ちるところまで落ちたら、上がるしかない。

そして自分が満たされたら、自然と人になにかしたいという気持ちが湧いてくる。

 

トークイベントに参加した感想と学び

大事なことは、自分を知ること

二人とも、過去にモヤモヤを抱えて「このままじゃ嫌だ」「もっと良くしたい」と深く深く考えている時期があります。

そして、今もずっとずっと「考える」ということを止めることはありません。

 

それは「自分のやりたいことは何?」「自分が伝えたいことは何?」「なぜわたしはコレを伝えたいの?」「どういう人達に伝えたいの?」と、自分の奥底にある願いや目的、幸せを感じることと向き合うことです。

 

葛藤を抱えながらもじっくりと向き合い、自分が本当に望むことはなにか、自分で答えをだすこと。

これがとっても大切なことだと思いました。

自分を知ったうえで、その感情に素直に従うこと

自分を知ることができたら、今その欲望に向かってまっすぐ突き進んでいるか?という疑問にぶち当たりますよね。

二人が声を揃えて言ったのは「違和感を覚えたら、やり方を変えてみる」ということです。

 

今の働き方に満足していないなら、なぜ満足していないのか・変える方法はないか、ということも見えてきます。

そこでモヤモヤした気持ちを抱えたまま悶々と過ごしてしまうのではなく、何かを始める・辞めるという行動に移すことが大切。

もう一歩って

踏み出す僕らの勇気は

100歩分以上の意味を持つから

〜中略〜

あと一歩って

踏ん張る僕らの心が

世界を動かすチカラになる

Step by step  浜崎あゆみ

二人のお話を聴きながら、あゆちゃんのこの歌詞を思い出していたのでした。

すでに成功した人や軌道に乗っている人のそばに行き、「できる」を実感すること

じゃあ自分の気持ちに素直に行動するってどうしたらいいの?というとき、まずは環境を整えます。

自分のやりたいことをすでに始めて成功している人や軌道に乗っているのところに話を聴きに行き、「わたしにも出来る!」というイメージを創り上げることがその一歩になります。

行動しやすい環境と習慣を整えること

二人とも発信していくきっかけはブログでしたが、続けていくにあたって周りにブログを書いている人が多かったそうです。

一人でブログを書くと言っても、一緒に作業をしたり相談や話をできる仲間がいることで心強くなれますよね。

 

続けていくということも大事で、歯を磨くのと同じような感覚で習慣づけると継続出来るようになります。

 

仲間やコミュニティをつくって作業をするのが当たり前になるというような、環境づくりと習慣づけは大事!と二人とも力強く語ってくれました。

会社に属しながらもフリーで仕事をするパラレルワーク、これは実は最強かもしれないとの話もありました。

会社に属すことのありがたみもフリーランスになって感じたとのこと。

 

いきなりフリーランスになってもすぐに成果が出るわけではありません。

会社でのお給料と副業としての収入がどちらもある二足のわらじは実は最強かも?!

 

少しずつ実力をつけていき、本腰入れたいというタイミングで方向転換するのこともできます。

とにかく自分を喜ばせること

ayakaちゃんが言っていた「まずは自分を喜ばせたい」というフレーズがとっても印象的でした。

無理して続けていても楽しくないし、楽しくないことを発信しても見ている人たちが楽しいはずもないなぁと思います。

 

自分の好きなことをきちんと把握していないと自分が楽しくないことにも気が付けないかもしれません。

だからやっぱり、自分のことを理解するってほんとうに大切です。

トークイベントで飛び出した名言と珍エピソード

再会はXXXXX

あんちゃさんとayakaちゃん、二人が初めて会ったのはブログを通じて三人でお話したとのこと。

もともとはayakaちゃんがなんとなく着いて行って会うことになったけれど、その場で二人は意気投合し、二度目は二人で会うことになったそう。

 

再会の場というのがあんちゃさんのこの記事に書かれている場所だったんです。

【18禁】”バイブバー”とかいう異世界空間に女2人で潜入した話【渋谷】

 

これがトーク始まってすぐの会話でした(笑)

序盤から、かっ飛ばしてくれたお二人です。

自分で決めた道を正解にするしかない by ayaka

自分が決めた自分の道、それは誰かに批判されたり反対されたりすることがあるかもしれません。

それでも自分が選んだ道。

「自分の理念を自分で決める」「まずは自分を喜ばせたい」という発言もあったように、ayakaちゃんは自分をしあわせにするために生きている姿がとても素敵です。

究極の野望を言えば、それは「世界平和」 by あんちゃ

目標はなにかと聞かれたら、究極をいうと「世界平和」。

結局は目の前の人をしあわせにすることで自分の幸福度が上がっていくので、人との関わりのなかで自分のできることをしていきたいと語ってくれました。

 

「泥臭く人と向き合うこと」で、コミュニティを広く深く広げていくことだというのがあんちゃさんらしいと思いました。

まとめ フリーランスとして活動の場を広げたいなら、自分をよく知ることで自分自身をしあわせにすること

みんなで集合写真!!主催者さん&スタッフさんたちに紛れて写っちゃいました。

札幌まで足を運んで良かった!と心から思っています。

  • 「やりたい」じゃなくて「やってます」
  • 原点回帰と目的地の設定
  • 感情に素直に行動することで、自分を喜ばせる

二人に共通する点はたくさんありましたが、自分自身とよく向き合うこと・感情に素直に行動すること・自分の幸せをとことん追求することが盛り込まれていると感じました。

 

あんちゃさん、ayakaちゃん、そしてこの素敵なイベントを札幌で開催してくれたりょうちゃんとスタッフさん、どうもありがとうございました。

 

 

with LOVE, nana

ABOUT ME
nana
nana
北海道出身、ニュージーランド在住。 浜崎あゆみさんをこよなく愛しています。 ライブに行くために一時帰国します。 だいすきを追いかけて、どこまでも。