ワーホリで得た、人生を最高に楽しむための選択の方法

ワーホリで得た、人生を最高に楽しむための選択の方法



こんにちは。nana(@nanapekota)です。

ワーホリ中のあなた、まだワーホリが終わってもいないのに、「日本に帰ったらどこで何をして働こうか…」だなんて悩んでいませんか?

不安になることもありますよね。

日本で働くなら、手に職・資格があれば就職先が見つけやすいのは事実です。かといって、正式な仕事が見つかるまでの間、何にもしないのはちょっと・・・。

そんなあなたには、リゾートバイトがおすすめ。短期間でも働くことができるし、仕事が決まると同時に家も決まります。

 

でも、一度自分の心に問いかけてみてください。

 

  • 仕事のことばかり考えているのはワクワクしますか?
  • 「一度きりの人生をいかに楽しんで過ごすのか」を考えていますか?
 

今回は、看護師を辞めてワーキングホリデーへ行き、帰国後にリゾートバイトと看護師の仕事を経て未来へのワクワクを育てているtomomiさんが話を聞かせてくれました。

Sponsored Link


プロフィール


tomomi、1988年生まれ、北海道出身。

高校卒業後看護学校へ進学、その後看護師になる。看護師をしていた頃、海外旅行をきっかけにワーホリに興味を持ちオーストラリアへ。

帰国後、ニセコで飲食店でリゾートバイトと派遣で看護師をしています。

ワーホリに行く前の看護師のお仕事


看護学校卒業後は、市立病院の産婦人科と消化器内科混合病棟で勤務していました。

手術前後、化学療法、内科的治療、検査を受ける患者様への看護、お産時の児処置、ベビー係の際は沐浴などもしました。

 

看護師の仕事はやっぱり大変でした。

学校で習ったことはほんの一部だから、実際に働き始めて覚えていくことがたくさん。
自分の知識不足や実力不足に悩んだり、失敗したりもしたし、人間関係で辛いことも・・・。

新しい生命の誕生、赤ちゃんのお世話をして癒されながら、その反面、人の死にも直面しなければいけないので精神的にしんどい事も多くありましたね。

でも、患者さんとの関わりの中で、患者さんからもらう一言にすごく元気づけられたり、癒されることも多かったです。
私の笑顔をみると元気が出る、話しやすいと言ってもらえた時はこの仕事をしていて良かったと思えましたね。

仕事に対してやりがいは感じていました。

夜勤など大変な勤務も多かったけど、先輩方々スタッフのみんなにも恵まれ、患者さんにも助けられ、働き続けることが出来ました。

ワーホリが自分を変えた

ワーホリへ行ったきっかけ

就職して4年目になったころ、環境を変えたいと思っていました。
異動になる時期が近づいたため、今がチャンスと思っていたんですよね。

それで、最初は関東に看護師として転職しようと考え、話を進めていました。

その時に、どこからかワーホリというものを知って留学センターの説明会に行ったり、実際にワーホリを体験したnanaから話を聞いたりしたんです。

この時点で8割がた、ワーホリへ行きたいという気持ちが固まりました。

イタリア旅行で決心!


そんなとき、イタリア旅行へ行きました。

イタリアでは迷子になってしまったのですが、簡単な英語すらわからず、迷子になったことを伝えることも大変だったのです。

その時に日本人3人組に出会い、ホテルに電話してもらったり、色々旅の話を聞かせてもらいました。

こうやって英語を使って自分も色んな対応ができたら、自分もこの人達みたいに外国でも人の手助けする事も出来るんだって思って、自分もそんな存在でありたいなって思ったのです。

イタリアの色んな綺麗な景色を見ていたら、日本にいる時に悩んでいたたくさんのことがすごくちっぽけに思えてもっと外の世界に飛び出してみたいと感じました。

このイタリア旅行がきっかけで、ワーホリへ行くことを決心しました。

ワーホリで得たもの


語学学校や友だちとの交流で、まったく話せなかった英語がコミュニケーションをできるまでになりました。

気持ちの面では、新しい環境に飛び込む勇気が出たこと。

あとは、何事にも適応が早くなったこともワーホリ経験から得られたものだと思います。


帰国してからは・・・

リゾートバイト

ワーホリから帰国し、初めはリゾートバイトをしました。
そこでは英語を使って仕事をしたので、コミュニケーションなどはとてもラクにできました。

リゾートバイトは、はたらくどっとこむ(アプリ)とリゾバ.comで探して、最終的に友人が結んでくれたご縁がありニセコで働きました。

派遣看護師

看護師の仕事は派遣でも多く募集をしていて、ナースパワー人材センターを利用して仕事を見つけました。

身につけたスキルを活かすことができたのは派遣という働き方だからこそだと思っています。

今まで住んだことのない場所に住んで新しい仲間が増えたこともとても良かったです。

この先の生き方

正直今は、はっきりとした目標ややりたい事は見つかってはいないのです。

ワーホリに行ったことで、ほんの少しだけど身に付けた英語にはこれからも関わって行きたいと思っています。
同時に、もっと英語力を上げられたら良いなとも。

海外に住んで英語の勉強をしながら、仕事をしようか。
それとも、日本にいながら、英語に携わる生活をしようか。

海外に出たことでより日本への興味も深くなったので、日本中の色んな所も回ってみたいとも思っています。

今自分が一番何をしたいか。

何が必要か。

現実的にどうしたらいいか。

 

色々難しいこと考えてしまうけど、まずは自分がワクワクできる、楽しむという事を大切にして、この先の人生を選択していきたいです。

そのために、様々な環境や人との出会いの中でたくさんの情報を得ながら、選択肢を広げる必要があると思います。

全ての経験は自分にとってプラスになると信じて、自分がその時にベストだと思うその道を進んで行きたい

そうしていると、自ずと本当にやりたいことが見えてくると信じています。

一度きりの人生を思い切り楽しみたい


 

ワーホリにしてもなんにしても、ほんの少しでもやりたい、気になる、自分を変えたい、と思っている事がある人は、1歩踏み出してみてほしいです。

目標があればそこに向かって、なければそれを探しに。

不安は絶対あるし、大変なこともあるけど、必ず自分にとってプラスになる事が待っています

人や環境、新しい自分、色んな事・出会いが待っています!!

 

 
利用した派遣サイト

最後に

今自分がベストだと思うその道を進んで行くtomomiさん。

自分のスキルや経験を活かして次々と挑戦を重ねる姿はとっても素敵!

 

「やりたいこと」は大きなことじゃなくても・・・きっとたくさんあるはずです。

楽しいことを続けていくうちに、自分の目標となるものが見えてくると信じて毎日を大切に過ごすtomomiさんのように自分の心の声を聞きながらイキイキと過ごしたいですね。

 

 

with LOVE, nana

 

 
あわせて読みたい
 


Sponsored Link
icon-thumbs-o-up おすすめ記事セレクション icon-thumbs-o-up
 
本格的なグッドポイント診断(無料)!自分の強みと長所を知って自信をつける方法


icon-plane 海外ライフと国際恋愛 icon-plane

国際恋愛って、どうなのよ?言葉も文化も違う外国人との恋は大変なのか。

旅好き必携クレジットカード!マイルが貯まる、年会費1万円以下のカード5選

icon-music あゆファンのあなたへ icon-music

【浜崎あゆみ】これだけは外せない厳選19曲。人気の定番曲から隠れ名曲まで

【浜崎あゆみ】シンデレラのストーリーをTAが綴ってみました