これで改善!重くてツライ生理痛を和らげるために実践して効果のあった5つの方法

Sponsored Link




こんにちは。スムージーにはたっぷりジンジャーを入れて冷え対策をしているnana(@nanapekota)です。

学生の頃はほとんどなかったのですが、ここ1年くらいほぼ毎回生理が始まる頃に重い生理痛に見舞われています。

 

経験するまでは「大変そう、かわいそう」なんて思っていたのですが、実際そんなもんじゃないんですね。

起きていても寝ていても、きゅう〜〜っと締め付けられて横になって休むことすらままならない!

歯を食いしばって痛みが和らぐことを待つしかないの?そんなことはないはず!

 

ツライ生理痛を和らげる方法をシェアします。
Sponsored Link



生理痛を和らげる方法

仙骨を温める

仙骨はおしりの割れ目の上あたりにある逆三角形のプレート状骨で、子宮に近い場所にあります。

212197
ここにカイロを貼ったり、ヒートパックや湯たんぽで温めます。

よくお腹を温めがちですが、背中側のほうが温まりやすいみたいです。

もちろん、お腹と背中からサンドイッチで温めるとより効果があります。

 

職場でも電子レンジで温めてヒートパックを使っています。

肩こりにも使えるしとっても便利。

わたしはお誕生日にいただいたのですが、大好きなブルーを基調としたフクロウのかわいい柄で癒やされます。

麦のいい香りもまた癒やしを運んでくれるんです。

 
 

 

 

腹巻きも効果的。

わたしは夏以外はほぼずっと腹巻きを使っています。

この腹巻きは薄くてあたたかくてお気に入りで、同じ素材のレッグウォーマーも愛用しています。

 
 

温かい飲み物を飲む

hot-chocolate-1047608_640
身体を温めて全身の血行を良くしましょう。

そうすると体が温まりやすくなるので生理痛の和らげる効果が期待できます。

 

オススメは豆乳ココアやカモミールティーなどのハーブティー。

 

ココアは、ショウガよりも体を温める効果があるようです。

温かいハーブティーは、香りも楽しむことができるし、リラックス効果があるものもあります。

お気に入りのマグカップやタンブラーで飲むとよりホッとします。

生理痛を緩和してくれる食べ物を摂る

血行を良くしてくれるもの、身体を温める効果があるもの、また鉄分を補給してくれるものです。

 
  • プルーン
  • グレープフルーツ(大好き!!)
  • アーモンド
  • 豆乳、豆腐などの大豆製品
  • ショウガ
 

意識的にこれらのものを摂取します。

逆に控えめにしたほうが良いものは、身体を冷やすものです。

大好きなアイスクリームもこの日ばかりは…と思いきや、食べたければ食べます。

ストレッチをする

寝ているのさえツライのに身体を動かすの?と思いがちですが、ちょっと身体を動かすと血行がよくなりますし気分転換にもなります。

キツイ運動をするのではなく、心地よく身体を伸ばしたり縮こまっている筋肉を伸ばしてほぐしてあげるのです。

無理はせずに、気持ちが良い程度に体を伸ばしたり動かしてみましょう。

 

生理痛の緩和に効果がある簡単なストレッチです。

 
 

 

 

 

 
 

 

どちらも難しくありませんので、やってみると気持ちがスッキリしますよ!

薬を飲む

市販の薬も含めて、「免疫力が下がるから…」と薬を避けていませんか。

わたし数か月前までそうだったんです。

ここ1年くらいあまりにも生理痛がひどくなってきたので、7月に婦人科を受診しました。

 

そのときにお医者さんに言われた衝撃の事実!

 

今までのわたしは、痛みが本当に限界に近くなってから、初めて薬(市販のイブ)を飲んでいました。

なんとこれは、間違った薬の飲み方だったようなのです。

正しい薬の飲み方は、痛みが始まる前に飲むこと

 

痛くなるのは、決まって生理が始まって1,2日目で、生理周期も安定しています。

ということは、事前に痛くなりそうな日を予測できます。

その前日くらいから、薬を飲みます。

これでだいぶ緩和されました。

 

薬って飲み方を間違えると全く効果がないけれど、正しい飲み方だとバッチリ。

 

いつもバッグに入っているイブ。これからもお世話になります。

 
 

 

 

生理痛によく効くと有名なリングルアイビー。
イブやバファリンが効かない人はこれを試してみても。

どれもこれも効果がないときは?

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s
どんな対策をしても効果が得られないのであれば、一度婦人科を受診したほうが良いでしょう。

実際わたしも受診して検査もしてもらいました。

体に異常がないと聞いてひとまず安心もできましたし、薬の飲み方が間違っていることも教わりました。

婦人科でピルを処方してもらうことも出来ます。

 

対策をしているにも関わらず改善されないのであれば、早めに受診しましょう。

ブルーデーを快適に過ごそう

毎月やってくるものだからこそ、痛みは出来る限り少なくしたいものですよね。

自分に合った痛み対策やリラックスできる方法を見つけて、今日も快適に過ごしましょう。

 

痛いの痛いの、とんでけー!

 

 

with LOVE, nana

Sponsored Link