公務員を辞めてワーホリへ。「好き」な気持ちは行動力の源

公務員を辞めてワーホリへ。「好き」な気持ちは行動力の源


こんにちは。「安定の公務員」を辞めて海外へ飛び出したnana(@nanapekota)です。

公務員を辞めてワーキングホリデーをしたことを話すと、驚かれることが多いです。でも、わたしは自分の好きなことをしたいというありのままの心の声に従って行動しているだけなのです。

※この記事はBound to Boundさんに掲載していただいた「ワーキングホリデーで夢だったオーストラリアへ」という記事に加筆修正したものです。

Sponsored Link

お決まりの質問、答えは簡単

「オーストラリアに来る前は何をしていたの?」出会ってから数分後にはだいたい決まってこの質問。ワーキングホリデーのうちに、何回交わしたかわからないこのやり取り。「警察官」と答えると決まって驚かれる。そりゃそうか。制服着ている姿、想像出来るはずもない。「へぇ、公務員辞めたの?周りに止められなかった?もったいないって言われなかった?」と聞かれたり。

でも、なんで公務員辞めてワーホリへ行ったのか?と聞かれたら、答えはひとつ。オーストラリアに行ってみたかったから。

いつかオーストラリアへ行ってあの景色を眺めてみたい

fraser
「オーストラリアのあの景色を自分の目で見たい」

漠然とそんな思いを抱えながら過ごしていた。それは小学生の頃からの思いだった。小さい頃から本が好きだったわたしは、よく本を買ってもらっていた。中でも特に海外体験の特集ページが好きだった。オーストラリアの自然が載っているページ、そこには折り目がつくほど何度も何度も繰り返し読んでいたのである。

年齢が一桁の頃から憧れを寄せていたオーストラリア。

いつしかその気持ちはどこかに仕舞われて、頭の中は次第に部活や生徒会、友だちとのおしゃべりなど(あれ、勉強は・・・?)を占める割合が多くなっていった。

 

そうしてその気持ちはどこか隅っこの方へ仕舞われたまま社会人になった。

オーストラリアが大好き

kangaroo
社会人となり、学生時代と比べて一番変わったこと。それは自分で稼いだお金を自分の好きなように使えるということである。

やりたいことは全部やりたい。行きたいところに行く、観たいものを観る、それが当たり前にできるシングル社会人バンザイ!

初めて一人暮らしをするときに買ったパソコンでよく検索していたワードがある。

 

「オーストラリア 景色」

 

whit heaven
 

 

waterfall
 

 

flinders street st
 

 

tasmania
 

 

wild
 

 

DSCN2977
 

 

いつの間にか隠れていた気持ちが顔を出していたのである。
  • グレートバリアリーフの綺麗すぎる青い海と白い砂。
  • カラフルなおさかなさんたち。
  • つぶらな瞳のコアラ。
  • ラピュタに出てきそうな大きなイチジクの木。
  • 魔女の宅急便を思わせるフリンダースストリート駅。
  • オペラハウスとハーバーブリッジの曲線の美しさ。
  • そして気さくでおおらかそうな人々の表情。
その全てがわたしを魅了した。

パソコンを開けば何時間でもその写真を眺めていられたし、いろんな人のオーストラリアでの体験談などを読んだりするのは本当に楽しかった。


ワーホリを知ったとき、すでに心はオーストラリア

canberra
仕事はとってもやりがいがあり仲間たちや上司に恵まれていた。

それになんでも好きなことをできる生活が気に入っていたので、オーストラリアで生活をすることはただただ憧れであり、夢のようなことだと思っていた。「いつか1、2カ月くらいの長期旅行でいけたらいいなぁ」とは思っていたけれど。

そのときのわたしは、海外で長期間生活する方法は留学か仕事しかないと思っていた。

 

nana

学生?勉強が嫌いなわたしが学生かぁ、お金もかかりそう。

ビジネス?スキルも語学力もないのにどうやって?


 

そう、わたしはワーキングホリデーを知らなかったのである。

ある日いつものごとく「オーストラリア 景色」で検索していた記事を読んでいるときだったか。それともなんとなく「1カ月くらいの留学ってできるかなぁ」と思ってなんとなく調べていたときだった。


ワーキングホリデー」という聞き慣れない言葉を見つけたのである。それは働きながら1年間オーストラリアに滞在できるビザ。なのに特別なスキルや資格もいらず英語がペラペラじゃなくても大丈夫で学生よりも初期費用が抑えられるというから、なんて素敵な夢のようなビザなのだろう!

 

それを知った瞬間、母に電話していた。

nana
オーストラリアに行くことにしたから!!!

ワーキングホリデーという制度を知った瞬間、オーストラリアへ飛ぶことが決まっていたようなものだ。

 

決めてから渡豪するまで

fremantle
母に説明するのも、うまくはできなかった。なぜなら自分もついさっき、この制度を知ったばかりだから。

それからはワーキングホリデーとはどんなビザなのか、どんな風に過ごすのかインターネットでたくさん検索をした。母に電話をしたときはろくに調べもせずに、でも行くことだけはすぐ決めていた。

身近にワーキングホリデーを経験した人や知っている人がいなかったので、無料エージェントの担当の方にたくさん話を聞いてもらったりアドバイスを頂いた。初めはホームステイと語学学校という、海外生活初心者のお決まりのパターンを選択。

いつからにしようかな。考えるだけでワクワク。

 

そうなると必然的に退職の時期を決めることになる。行くと決めたらそれに向けた資金などの準備をしたかったし、お仕事にも区切りつけたかったわたしは出発を1年半後に決めた。

そうすれば情報ももっと集められて少しは英語の勉強もできる。(結局そんなに勉強はしていないけれど)

 

退職を決めてさらに父や母と話をする。母は数ヶ月の間、わたしが「組織に籍を置いたまま海外へ行くものだと思っていたらしい。だから、話の途中で「退職」という言葉を聞き、少し戸惑っていた。それでも誰も、止める人はいない。言い出したらきかないわたしを両親はよくわかってくれている。

 

オーストラリアでのワーキングホリデーを終えて

mtttyson
オーストラリアで過ごした10ヶ月、それはここには到底書ききれないたくさんの出来事があった。初めての感情に出会ったり、思いがけない人の優しさに触れたり、もう二度と体験したくないこともあった。

それでもセカンドビザを取ってワーキングホリデー2年目を過ごそうと思ったのは、やっぱりオーストラリアが大好きだから。小さな頃からの夢だったオーストラリアでの生活ができたこと、それは本当に夢のようだった。

 

夢であってほしいと思うような出来事もあった。帰りたいと思うこともあった。

 

たくさんの出会いと別れがあって、その中に笑顔も涙もあって、大切な大切な友だちが出来た。すべての経験が今のわたしを形成している

 

大好きなオーストラリア、行ってみたらもっと大好きになった。

 

「大好き」は何よりも大きな行動力の源。

そう、少なくとも、わたしにとっては。迷ったり我慢して辛いのなんてまっぴらごめん、いつも楽しいと思う方に向かって歩いていきたい。

今までそうしてきたように、これからも不器用ながらもそうやって生きていたい。

ありのままの自分でいられることがどんなに幸せなことか。それを受け止め一緒に過ごせる仲間や友だちがいることはどんなに素敵なことか。そんな自分を心配してくれる人がいるのはどんなにありがたいことか。

オーストラリアで経験したことや感じたこと、出会ったすべての人や出来事、どれもかけがえのない宝物であるということは間違いない。

 

だからわたしは、胸を張ってこう言おう。

公務員を辞めてワーキングホリデーへ行って本当に良かった。と。

 

with LOVE, nana


Sponsored Link

2 Comments

  1. ☆むねりん☆

    世の中の大多数の人達は「いつかできたらいいなぁ~」で止まることが多いと聞きます。特に日本人の多くは。決断とは「決めて断つ」と書きます。「自分のやりたいことを貫こうとする強い気持ち」をもってどれだけ行動に移せるかがカギなのかもしれませんね。今日も素敵な日記に励まされました。ありがとうございます。

    1. nanapeko

      むねりんさん、今日もご覧下さりありがとうございます。楽しいことしか続かないし、ワクワクする方に走って行ってしまう性格なんです。短い人生、笑ったもん勝ちです!

Comments are closed.

icon-thumbs-o-up おすすめ記事セレクション icon-thumbs-o-up
 
本格的なグッドポイント診断(無料)!自分の強みと長所を知って自信をつける方法


icon-plane 海外ライフと国際恋愛 icon-plane

国際恋愛って、どうなのよ?言葉も文化も違う外国人との恋は大変なのか。

旅好き必携クレジットカード!マイルが貯まる、年会費1万円以下のカード5選

icon-music あゆファンのあなたへ icon-music

【浜崎あゆみ】これだけは外せない厳選19曲。人気の定番曲から隠れ名曲まで