世界遺産シャークベイ!モンキーマイア唯一のホテルでイルカやラクダと触れ合う

世界遺産シャークベイ!モンキーマイア唯一のホテルでイルカやラクダと触れ合う



こんにちは。海を眺めながらいつまでもボーッとしていられるnana(@nanapekota)です。

オーストラリアにいても、東側にいると西オーストラリアはなかなか足を伸ばしにくいかもしれません。ですがそれはもったいない!世界遺産であるシャークベイにモンキーマイアという場所があります。自然と動物が好きな人へとってもオススメの場所です。ここで2ヶ月半働いていたわたしがモンキーマイア(Monkey Mia)の魅力をたっぷりお届けします。

Sponsored Link

モンキーマイアってどこ?行き方は?

モンキーマイアは西オーストラリアの海岸沿い、緯度は真ん中あたりに位置します。

screen-shot-2016-10-30-at-12-59-17
モンキーマイアへのアクセスは、正直ちょっと大変です。まずはパースを目指しましょう。日本からパースへの直行便はないのでケアンズやブリスベンなどで乗り継ぎをしてパースへ。ここからが旅の始まりです。パースからモンキーマイアへのアクセスは3つあります。

 
  • 飛行機…セスナで2時間半ほど。こちらから予約サイトへ飛べます(英語)→Jetcost
  • バス…バスで10時間ほど。ウェブサイトはこちら→Integrity
    降りる場所はMonkey MiaではなくてOverlander Roadhouseですのでご注意。ここまで約9時間。Overlander Roadhouseで降りると、Monkey Mia行きのバンなどの車に乗り換えてMonkey Miaへ向かいます。
  • レンタカー…車はほぼ一本道です。バスより少し早く9時間ほどでしょうか。
この長旅を乗り越えて、モンキーマイアに着いた時。疲れが溜まって深い眠りに着いてしまうことは間違いありません。ですので、ここには少し長めに滞在するようにするといいでしょう。




 

動物たちとのふれあい

イルカさんの餌付け

毎朝ここではイルカさんの餌付けが見られます。とはいっても、飼っているイルカさんではありません。野生のイルカさんたちがやってきてくれるのです。

dolphins01
朝の餌付けの時間にはこんなにたくさんの人が集まります。

 

 

 

dolphins02
 

 

 

dolphins03
 

 

 

dolphins04
 

 

 

dolphins05
 

 

 

dolphins06
 

 

 

dolphins07
 

 

 

dolphins08
ガイドのお姉さんのところについてまわっているイルカさんたちがとってもかわいい。

運が良ければゲストも餌付けに挑戦出来ます。お姉さんが「やってみたいひとー?」と聞くので張り切って手を挙げてアピールしましょう。わたしは残念ながら当たらなかった…それでもイルカさんはとても近くまで来てくれます。

ペリカンさんの観察

ペリカンさんはとってものんびり屋さんで、大きな口を全開にしてあくびしています。この子たち、口の中がかゆいのか、下のくちばしを思いっきりぐわぁぁんとひっくり返している姿を見ることがある。すっごく面白い姿なんだけど、それを見るときってカメラ持ってないです。生でぜひみてください!!!

pelican01
 

 

 

pelican02

ラクダさんに乗ってみよう

ラクダさんに乗れるアクティビティもあります。ラクダさんは砂漠にしかいないと思っていたので、ビーチとラクダさんという組み合わせがとっても新鮮。

camels01
 

 

 

camels02
 

 

 

 

camels03
柔らかいラクダさんに乗って、きれいな海を眺めていられる不思議なこの感覚。ラクダさんはとっても優しくておとなしくて人懐っこいです。

 

 

運が良ければジュゴンやウミガメも見られます


モンキーマイアドルフィンリゾートでは週に数回、お昼と夕方にヨットツアーを実施しています。

 

ビーチだけでなく沖にでてゆらゆらと贅沢な気分を味わえます。途中でこのまま海に飛び込んで泳げる機会もあるので、水着を着ていきましょう。

cruise02
 

 

 

ここにもイルカさん、やってきてくれました。

cruise03
運が良ければ野生のジュゴンやウミガメが観られるチャンス!ジュゴンは遠くの方に頭だけ見えたのですが写真は撮れませんでした。この目にしっかり焼き付いています。

 

 

 

cruise04
海の上から見る夕日は格別です。こんなロマンチックなんだから、恋だって生まれちゃいます。

 

 
あわせて読みたい

 本当にあったロマンチックすぎる恋のお話

 

 

Sponsored Link

ビーチが目の前!贅沢なお部屋

room
モンキーマイアドルフィンリゾートは、様々な形態で泊まることが出来るのも魅力のひとつ。
  • 家族みんなでワイワイしたい!二段ベッドとダブルベッドのあるファミリー向けのお部屋。
  • 贅沢に滞在。ビーチの真ん前の小さなおうちのようなお部屋。
  • お部屋の中でゆっくり出来ればいいな。海を眺められる広めのお部屋。
  • 出来る限り安く泊まりたい。眠れるベッドがあれば充分。バックパッカースタイルのお部屋。
  • テントや車でアウトドア。旅の途中で寄りたいな。
自分のスタイルに合った滞在ができます。お客様の中には、毎年半年間、自前のヨットを持って来てビーチの真ん前のヴィラで過ごすという大富豪夫婦もいましたし、ワーホリの時ここで働いていてて大好きな場所だから、子どもが大きくなったので一緒に遊びに来たお母さんもいました。

実はここって日本人がそんなに多くいない場所かもしれません。2ヶ月半働きましたが、日本人のお客様は3組ほどでした。

 

そんなモンキーマイアドルフィンリゾート、冬休みにぜひ遊びに行ってみませんか?日本の冬休み、南半球のオーストラリアは夏真っ盛り!予約がいっぱいになる前に要チェック!

モンキーマイア ドルフィンリゾート で検索検索〜。






 

 

近くの観光地

シャークベイは世界遺産であるためモンキーマイア以外にも見どころがたっぷりあります。車があれば好きに周れますし、ツアーも出ています。

 

一面が砂じゃなくて貝がらでビッシリのシェルビーチ。

shell-beach
 

 

 
標識に案内されてたどり着いたルックアップポイントです。

lookup
自分で行くのが不安という人は、パッケージツアーでも。訪れる価値ありです!

 

おまけ ここで働いた特権

ラクダのおじさんHenkと仲良くなったわたしたち。ラクダさんたちとブッシュウォークへ連れて行ってくれました。

camels06
かわいいっ。

 

ラクダさんのお散歩は毎日3時間するそうなんだけれど、お仕事の後にそれはきつい!ってことで半分の1.5時間ほど一緒に歩かせてもらいました。

お散歩と言っても、砂漠の中をひたすら歩く感じです。こんなビーチの近くに砂漠があることが驚きました。7頭のラクダさんたちも自由気ままに歩いています。ラクダさんになりたいなあって思ってしまいました。

camels07
カンガルーの足跡を発見!大きいのが後ろ足、小さいのが前足、真ん中の一本線がしっぽだそう。カンガルーもそこらじゅうにいます。

 

 

 

お散歩しながら、そこらに生えているアカシアの木をもぐもぐもぐするエリーちゃん。Henkおじさんは優しく見守っています。

camels08
 

 

camels09
 

このHenkおじさん、ハンドヒーリングも出来る人です。わたしについては、超ロジカル人間で、自分で決まった道を持っているって言われました。そう、頭の堅い子なんです…やわらか頭になりたい。

それと体について。左右のアンバランスさを指摘されました。はい、歪み治したいです。後ろ向きに歩くのを一日5分で続けてみるといいとアドバイスをいただきました。

 

 

帰りに見た夕日。

sunset
愛用してきたデジカメ、レンズに傷がついてしまったようでいつも写真に黒ポッチが映ってしまっています。残念。それでも夕日は綺麗。

ここは、星空もとっても綺麗です。ビーチで眺める星空…ぜひご自身の目で見てもらいたいですね。

 

遠いけれど行く価値ありのモンキーマイア

こんな素敵なモンキーマイア、日本からもぜひ行きたいところです。

ちょっと日本からだと遠いですが、ゆっくり滞在するのに最高の場所です。ぜひぜひ足を運んでみてください。東海岸もいいけれど、西オーストラリアも魅力たっぷり。西オーストラリアはインド洋。東オーストラリアで見ている海とは違った海が楽しめます。

 

ワーホリで英語を伸ばしたい方はここお仕事するのもおすすめです!

 

with LOVE, nana

Sponsored Link
icon-thumbs-o-up おすすめ記事セレクション icon-thumbs-o-up
 
こんなに本格的なのに無料!グッドポイント診断!自分の強みと長所を知って自信をつける方法 おすすめクレジットカード!旅好き必見。マイルを貯めるなら持っておきたい年会費1万円以下のカード5選 知らなきゃ損!Amazonプライムの魅力的すぎる特典を無料で試してみるべし。
icon-plane 海外ライフと国際恋愛 icon-plane
国際恋愛って、どうなのよ?言葉も文化も違う外国人との恋は大変なのか。日本が嫌なわけでもないのに海外に飛び出した女は、海外で幸せになったのか?
icon-music あゆファンのあなたへ icon-music
【浜崎あゆみ】おすすめ!これだけは外せない厳選19曲。人気の定番曲から隠れ名曲まで【浜崎あゆみ】シンデレラのストーリーをあゆファンが綴ってみました