2年記念日を迎えました

DSC03319
 

いつの間にかCと一緒になって2年が経過していました。

わたしたちはちゃんとした記念日がなかったので、昨年末に「記念日を決めたい」と申し出て、「確か3月だったよね?」「ん〜、じゃあ、覚えやすい3月3日にしよう!」というノリで決めた日ではありますが、この日を迎えられたことに感謝しています。


記念日ディナー

記念日はCがお休みでした。わたしが家に帰ると花束があって感激!

やっぱりお花は嬉しい。

DSC03323
 

 

 

 

タイ料理を食べに行こう!ということで、徒歩3分のMai Thaiというタイレストランへ行きました。

DSC03334
 

スタッフは皆さん丁寧な対応でした。

 

$40で前菜・スープ・メイン・デザートのコース。

前菜とメインは3種類のタイ料理が少しずつ楽しめるお得な感じでした。

スープは辛くて具を食べるだけでいっぱいいっぱいだったけれど、カレーは食べられたから良かった。

 

デザートのアイスクリームとクマラ(サツマイモみたいな)で作ったスイートポテトみたいなのがたまらなくおいしい〜。

DSC03338
 

 

 

 

 

食事のあと帰ってきてすぐに、疲れていたのかバタンキューしてしまい、せっかく買ってくれていたバンブーピローの心地よさを知る前に眠りについてしまいました。

ごめんねC。バンブーピロー買ってくれてありがとう。

次の日の夜に快適さを実感しました。

 

 

 

 

 

サマーありがとう

サマーがいなければ、わたしたちは一緒にいなかった。

と言っても過言ではない、というレベルではない。だから本当に感謝という言葉では表しきれないほどのありがとう。ありがとうありがとう。

 

モンキーマイアで、わたしたちを星空の下のビーチという超ロマンチなシチュエーションに追い込んでくれてありがとう。

星空の下、何十分も無言でただただ星と時が流れるのを待って過ごしていただけのわたしたち、3年目に突入したよ。

 

いつもと変わらない他愛ない話の

隙間に感じるよ

やるせないリアル

誰より辛い君が誰より

強くて 気持ちに言葉

追いつかない

 

生きてく事は こんなに尊い

生きてく事は こんなに儚い

ああ君のためにただ出来ることは

そうどんな瞬間も

僕らで有る事

生きてく事は こんなに尊い

生きてく事は 僕らで有る事

 

サマーが来るのを待っているからね。早く一緒に遊ぼうね。

サマーがHappyな日々を過ごしていることを、CもNも願っています。

 

 

ともありがとう

ともがNZに居てくれたおかげで、わたしたちはおうち・銀行・IRDなどの最初の手続きがとってもラクにできました。

お散歩に行ったり、イベント誘ってくれたり(ともは急にお仕事になってしまったけれど)、なんにもオークランドのことを知らずにいるわたしたちにとって、感謝すべきことがたくさん。

学校と仕事、どちらも大変そうだけれど体壊さないでね。

 

 

えっちゃんありがとう

Cとの初対面、そしてすぐにお泊りさせてくれたえっちゃんには超感謝。

誰とでもすぐに溶け込んで仲良くなれる人なつっこさはもはや才能と呼べる。

東京で泊めてくれて、NZにも来てくれて、札幌にも来てくれて、わたしたちどこでも会えるね。

Cがいないときもたくさん泊めてくれてありがとう。朝食込みおしゃべり付きフリーアコモなんてそうそうないよー。

次に会えるのはどこかな、楽しみにしているよ。

 

 

あゆしゃんありがとう

あゆしゃんちに遊びに行って、Cがおなかすいたタイミングを見逃さなかったあゆしゃんはやっぱりすごいと思う。

カンナちゃんが怖がらなかったので、懲りずにまた遊びに行くね。

 

 

たかちゃんありがとう

Cはたかちゃんがケーキやプレゼントのおもてなしをしてくれたこととっても喜んでいるよ。

不二家のおねーさんに無理言ってニュージーランドの国旗をチョコペンで書くように注文してくれてありがとう。

パンダさんとうさぎさんはいつも窓際にいます。

たまに落ちてるけど、ちゃんと元の位置に戻してあげています。

今度のときは、お揃いのパンツで一緒に温泉にでも行ってね。

夏にコタロウ(仮)に会えるのを楽しみにしているよ!

 

 

あゆちゃんありがとう

どんなときもあゆちゃんの曲を聴いているわたし。

嬉しいことがあったとき、悲しくて涙をこらえるとき、遠くにいて会えないのがちょっと寂しいなと思ったとき、隣にいるだけで安心するなって思うとき。

そのどの瞬間にも思い浮かぶあゆちゃんの歌があるということ、一瞬一瞬を大切にしようと思わせてくれる曲を届けてくれること、あゆちゃんが今も歌い続けてくれていること。

 

心からありがとう。

 

 

パパママありがとう

突然海外へ行くと言ったときも暖かく見守ってくれてありがとう。

あのとき反対されていたら、Cとの出会いはなかった。

Cがおうちに来てくれたときも一生懸命英語を話そうとしたり、Cが快適に過ごせるようにしてくれたり、初めて会う娘の彼氏、どんな人かもわからないのに気遣ってくれて嬉しかったよ。

ポンちゃんはすっかりお友だちだったね。チビは・・・

また帰ったら、今度はもっとゆっくり過ごそうね。

今も、これからも、Cと一緒に過ごすことを受け入れてくれてありがとう。

 

 

Cありがとう

Cがわたしのわがまま気分屋に耐えられていることを表彰したい。

 

例えば何の言葉も

交わさなくてもいいよ

瞳を覗くだけで全部わかるから

 

ありのままでいられる事の

心地よさ知らなかった

 

しっかり者のように見られがちで、いつも奥歯に力が入っているような感じのわたし。

そんなわたしが、心も体もリラックスしていられるのは間違いなくCだけ。

一緒にいてくれて本当に本当にありがとう。

 

 

 

 

記念日に用意してくれたお花、咲いてます。

DSC03364
 

君を咲き誇ろう

 

 

 

 

今後とも自由気ままな二人CとNをどうぞよろしくお願いします。

 

 

with LOVE, nanapeko

 

 

Sponsored Link