オーストラリア・ワーホリのファームってどんなお仕事? Tully 3 〜バナナ編〜

オーストラリア・ワーホリのファームってどんなお仕事? Tully 3 〜バナナ編〜



タリーでは真っ黒に焼けていたnana(@nanapekota)です。

オーストラリアのワーホリのうち13ヶ月をTullyというバナナの村で過ごしました。出戻りを繰り返し、3度もタリーに住みました。わたしのワーホリライフはバナナ無しには語れません。ワーホリの半分以上を過ごしたバナナファームのお仕事内容をご紹介します。

Sponsored Link

バナナファームはどこにあるの?

オーストラリアでバナナが採れるの?とよく聞かれます。はい、採れるんです。日本に輸入されているのはフィリピンや台湾などのバナナです。オーストラリアのバナナ基本的に北半球には輸出していないそうです。なのであまり知られていないかもしれませんが、実はバナナファームはたくさんあります。

オーストラリアはとても広く、赤道に近い熱帯エリアがあります。その中でもよく雨が降り、バナナの生産地で有名なのがタリー(Tully)イニスフェイル(Innisfail)という地域。タリーとイニスフェイルは隣同士です。

tully-map
 

タリーへのアクセスはケアンズからバスで2.5時間。バスはオーストラリア全土を走っているグレイハウンドがオススメ。電車もありますが、バスのほうが利用者が多いです。

 

わたしがタリーへ行ったときはブリスベンから電車で約24時間かけて移動しましたが、サトウキビ畑が延々と広がっているだけなので、ケアンズからのバス旅をオススメします。

sugarfarm
 

 

 

24時間この景色・・・

sugarfarm2
 

バナナファームでのお仕事をゲットする方法

バナナジョブをゲットする方法は3つ。

 
  1. 友達の紹介
  2. バッパーの斡旋
  3. ジャンピングという名の直接交渉
 

バッパーの斡旋だとバッパーにステイする最低期間が設けられたりするので、シェアハウスに住みたかったりする場合は出来たら他の方法が良い。しかし、経験がないとなかなか難しいのが現状。友だちに紹介してもらったり、直接スーパーバイザーとか権力のある人に交渉して気に入ってもらえれば雇ってもらえる。

運とタイミングはとっても大事。バッパーにステイしていても、ウエイティングリストが埋まっているとなかなか順番が回ってこなかったりもする。冬よりは夏のほうが仕事をゲットしやすいけれど、確実かといえばそういうわけでもない。こればかりは、行ってみるしかない。

わたしが初めてTullyに行ったときはバッパーに住んでいて、お仕事はそのバッパーで出会った日本人の女の子に紹介してもらった。冬だったにも関わらず、待ち期間はたったの5日間。これはかなりラッキー。

わたしの人生において「あゆみちゃん」という名前の人は私を助けるためにいるんじゃないかと思うくらい、今まで出会った「あゆみちゃん」には本当にお世話になっている。

バナナファームのお仕事

通勤と残業

ファームは敷地がすごく広い。なのでタウンからファームまではバスで15〜30分ほどの離れたところにある。タウンからはフリーでバスや車が出ているので、交通費はナシ。

基本的には週5、ベルが鳴ったら何かの作業が途中でもそのまま放り出してバスへ駆け込み、帰宅。つまり残業ナシ。

女性は立ちっぱなし、男性は全身筋肉痛

バナナファームではお仕事内容が女の子と男の子で大きく異なるのも特徴。

 

女の子は、工場内で立ちっぱなしでソーティングやパッキングをする仕事が多い。立ちっぱなしなのだけれど、それでも疲れるから甘いものを欲する。故に消費量が摂取量を下回ってしまい、結果太る!ことが多い…

事実タリーにいるとき人生最大の体重を叩き出しています。ご注意ください。

 

男の子は、工場内のこともあるけれど多くは外で30〜50kgのバナナをハンピングしたりして、最初はクタクタ。全身筋肉痛という高校の部活のような体験ができる。これがいい運動になり、筋肉ついて体が締まって素敵ボディになっている人もいます。しかし、タリーは田舎なので常に飲み歩く人が多いのも事実。どちらの体型になるかは、行ってみてのお楽しみ。

バナナファームのお仕事の流れ

ハンパーが大きな木みたいな状態(太い枝みたいな状態)で刈ってきたバナナが工場内に運ばれてくると、ハンギング係がバナナをぶら下げていく。


 

 

 

ぶら下がったバナナを、ディフェンディング係が、太い枝みたいなのから房ごとバナナのプールに放り込む。


 

 

 


 

 

 


 

 

 

プールに放り込まれたバナナを、ソーティング係(ほとんど女の子)が売れないバナナ(腐っている・傷があるなど)をもいで、お店にある状態の小さい房に切って、ベルトコンベアに並べていく。


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

並んでいるバナナを、パッカーが箱に詰める。


 

 

これが、箱詰めされた状態。

ほかにも、箱を流して行く係、箱詰めされた状態をチェックして行く係、流れてきたバナナの箱を運ぶ係、などなどがあります。


 

 


 

ファームによって、役割分担も工場内の設備もちょっとずつ違ってきます。

 

小さいファームは、バナナプールがなくて直接ベルトコンベアにどん!とバナナを置いていくところもありました。そこはソーティングが超大変だった。すぐに流れていくから必死でバナナを流されないように押さえる。押さえながらバナナをもぐ。

 

パッキングは1つのレーンに2〜4人。パッキングが早いとエキストラペイがもらえるところもあります。レーンが一緒になったパッカーが協力してくれるタイプの人なのか、自分の利益のためにただひたすら詰めまくるタイプなのか、によって天国か地獄かに分かれます。

Sponsored Link

13ヶ月で稼いだ金額

正直言うと正確な金額は把握していないのですが、だいたいこんな感じ。

 
  • 1度めのタリー…5ヶ月間。週AU$720くらい。
  • 2度めのタリー…5ヶ月間。初めはバナナが不作で週3もしくは週4のときもあり、平均して週$680くらい。
  • 3度めのタリー…3ヶ月間。週AU$720くらい。不作の週も数回あった。1度目と同じファーム。
 

これを1ヶ月4週間として単純計算するとAU$36,640です。ピンとこない。宿代払って、食費払ってもお酒飲まなければAU$500は貯金できます。

タリーに着いた当初はバッパーに宿泊代払ったあと残金がAU$20になったわたしでも、1ヶ月後にはケアンズでスカイダイビングとスキューバダイビングしながら過ごすことができるようになる。

 

何が言いたいのたいかというと、時給制の割にかなり稼げるということ。

歩合制のトマトやいちごのピッキングなんかは、作業が早い人は稼げるけれどわたしみたいなクソ真面目でイロイロ考え込んじゃうような人には絶対に時給制がいい。

 

ファームやってみたいけど、何にしようかな?と思ったら、バナナファームも是非検討してみて欲しい。

13ヶ月のタリー生活で得たもの


 

24時間一緒にいられる、なんでも言い合える友だち

こんな小さい村だからこそ出会えた人たち。スーパーも娯楽施設も決まったところしかないから、いつの間にか顔見知りになって仲良くなる。タリーで出会った友だちは、シティで出会った友だちよりも一緒にいる時間が長い。スッピンも機嫌の悪いときも全部知っている。だから、なんでも言える。

言いたいことをなかなか言えない日本人にとって、なんでも言い合える友だちがいるのはとても素晴らしいこと。

 

バナナの出荷の過程を知り、実際にその作業をするという経験

そもそもバナナがどんなふうに実るのかも知らなかったし、バナナの木があんなにきれいに並んでいるのも知らなかった。

青いまま箱に詰められて出荷されているのも知らなかった。まるで小学生の社会科見学のような気分で、バナナの出荷の過程を知ることが出来たのだ。

ソーティングやパッキングは肩が痛くなるし、最初は手首腱鞘炎みたいになったり、慣れない作業に体が悲鳴を上げたりもした。もう二度とバナナファームで働くつもりはないけれど、それでもあの時のタリーでの生活は間違いなく楽しかったと言える。

妄想していてももらえるお給料

お給料は毎週貯金ができる額をもらえる。単純作業だから、慣れてくるといろんなことたくさん妄想できる。わたしだけじゃなくてみんな妄想してて、「今日は何考えながらバナナもぐ?」なんて話していたこともある。

わたしはタリーで稼いだお金でバストラベルしたり、日本から来てくれた友だちとの旅行に使ったのでその時の貯金はすっからかん。でも最初から、オーストラリアで貯めたお金なので現地で使うつもりだったし問題はない。そういえば、その後タックスリターンで戻ってきたお金でiPhone6を買った。良いことばかり。

 

最終日の開放感!!

最後のお仕事終わったベルが鳴った瞬間、青いバナナとのお別れが恋しくなるはずもなく、開放感に溢れ幸せすぎた!


 

Good bye Banana work, NO MORE!!!

 

 

以上、バナナ編でした。


 

おまけ・タリーで使えるラインスタンプ作りました

タリーのみんながいつでもタリーを思い出せるように。タリーのみんなが使えるように。ラインスタンプを作っちゃいました。

tully-mates

こちらから見てみてくださいね。

 

では!今日も青いバナナと楽しいタリーライフを!

 

with LOVE, nana

Sponsored Link
icon-thumbs-o-up おすすめ記事セレクション icon-thumbs-o-up
 
こんなに本格的なのに無料!グッドポイント診断!自分の強みと長所を知って自信をつける方法 おすすめクレジットカード!旅好き必見。マイルを貯めるなら持っておきたい年会費1万円以下のカード5選 知らなきゃ損!Amazonプライムの魅力的すぎる特典を無料で試してみるべし。
icon-plane 海外ライフと国際恋愛 icon-plane
国際恋愛って、どうなのよ?言葉も文化も違う外国人との恋は大変なのか。日本が嫌なわけでもないのに海外に飛び出した女は、海外で幸せになったのか?
icon-music あゆファンのあなたへ icon-music
【浜崎あゆみ】おすすめ!これだけは外せない厳選19曲。人気の定番曲から隠れ名曲まで【浜崎あゆみ】シンデレラのストーリーをあゆファンが綴ってみました