就職活動を終えました。


初めての就活は、幕を下ろしました。
imasia_14141661_S




さんざんアタックしたにもかかわらず、直接面接できたのは2件。

求人に応募してから数件電話をいただきましたが、電話って本当に苦手。

いろんなジャンルの職種に応募しすぎて会社の名前でどんなお仕事を募集していたところか思いだせない。
だからアピールしてって言われてもちんぷんかんぷんだし、そもそも聞き取れていたのかどうかも怪しい…


応募した覚えのない会社からも電話がかかってきた。
電話口はインド人。
あれ〜何の会社だっけ???と思いつつ、せっかく来た電話だし私の名前と電話番号知ってるしCV送ったんだろうな〜っと思いながら話を進める。さんざんいろんな質問をされたあと、「俺さ、君と面接する時間、明日なら作れると思うんだ。でも、チョー忙しいんだよ、俺。いや〜、明日にならないと時間も約束できないんだよ。なんせ明後日からインド出張だからさ、明日の朝また電話するわ〜。」

って言われて、とりあえず、住所を聞いたら、すごく遠いところ!!!

とんでもない距離ではないけれど、バス30分程度の距離で探していたのでここ受かっても行かない。笑
ごめんなさい。

結局、その日の朝の電話に出られず(夢の中だったもので。)その面接は幻となりました。



面接をした2件は営業とレストランで、どちらも採用との通知をいただきました。
どちらかから、自分の意志で選ぶ。選ぶのは思ったほど難しくなくて、決めることに時間がかかった。

営業のほうで採用通知をいただいた後にレストランでトライアルをしたのですが、その帰りにはもう心の中では決まっていたのです。
どちらが、よりワクワク出来るのか。
まだ見たことのない新しい世界に飛び込みたいという気持ちが勝ったのです。

しかしその気持ちの隣にはソワソワビクビクオドオドしている自分。

日本でも営業なんてしたことないのに大丈夫?


人見知りなのに大丈夫?(人見知りは嘘でしょってよく言われるけど)英語力こんなんで大丈夫?

車運転できる?


もうぜーーーんぶ不安!!!
だけど、海外でスーツ着て働いているのってカッコイイなって思っていたし憧れていた姿なのだから、それが現実になると思えば、やっぱりやってみたい。
新しいことを始めるのだから、最初は勉強ばっかりで大変だろうし英語環境にも苦労すると思う。
でも、その「苦しい」っていう思いをした時に自分がどうするかによって大きく成長できるのは目に見えているから、そういう思いができるほうを選びたかったのかもしれない。

ただ自信のない私は、「これやります!」って堂々と宣言できず、敢えて相談したりもしました。

クリスさんは焦ったそうにしていて、「早く決めて返事をしないと、どっちも採用してくれなくなるよ」って言って心配というよりちょっとイラッとしてたかも。
終いには紙と鉛筆を持ってきて、「じゃあ、これから考えよう。」と言って紙の真ん中に縦に線を引いて、さらにまたその半分のところで縦に線を引く。
左半分に「営業の会社」、右半分に「レストラン」と書いて、「これらのところで働いてプラスとマイナスのことを書き出していこう」と作業を始めたのです。

こんなに自分のことを考えてくれるって嬉しい。

最終的にはちゃんと、自分が新しいことをしたいけどちょっと自信ないってことも含め、やっぱりやりたいほうに決めました。


営業の代表の方曰く「自信を持っていて精神的にタフ」な人を選びたいということだったので、あれ…イイのかしら…?と思ったのですが、人の目にそう映っているのであればそれでいっか。


というわけで、来週火曜日から(月曜日はパブリックホリデーみたいなので)、晴れて無職を脱します!!!

おめでとう〜〜〜!!!

Sponsored Link